Author Archives: TAKUMA

プロって、撮りたくない写真を撮るのですか?

By | 2017年8月19日

Q:知り合いのプロカメラマンさんに

「仕事で写真を撮るのって、撮りたくないものも撮らなければいけない。

撮りたいものだけ撮っていればいいってものではない」

と言われたのですが、そうなのでしょうか?

A:これは、これから「カメラマン&写真家」を目指そうと思ってる人なら

1度は考えることだと思いますが・・・

実は、僕の場合はカメラマンになろうと決めた時、

そんなこと考えたことがなかったのです(笑)

自分は何が撮りたいとか、こんなテーマの写真が撮りたい

というものを持っていなかったのです。

ただ、写真を撮ること自体が好きだったのです。

今日の質問内容のことを悩む人は、

カメラマンを目指していた頃の僕と違って、

すでに撮りたいものがしっかりと決まってる人のような気がします。

じゃぁ、実際に僕がプロになってどうなのか?と言うとですね・・・

僕がプロになりたての頃は

「カメラマンってなんでも撮れなければいけない」と思っていたので、

依頼される撮影はなんでも撮っていたのです。

人、建物、スポーツ、料理、商品、取材、風景、ブライダル、学校の行事・・などなど。

何でも撮っていた時期に

「この撮影は自分には向いていないなぁ~」

「こんな下手な写真撮っていたらもう2度と撮影依頼が来なくなるな」

と感じた分野の撮影を、受ける仕事から削除していったのです。

それは、建物、料理、商品でした。

この3つの撮影依頼が来た時は、

正直に「僕は上手くないですから」と断っていました。

「その代わり、人物とかイメージ写真なら任せて下さい」と

「この分野だったら上手いですよ」という得意分野をアピールしたのです。

もし、商品撮影を断らずにやっていたら、間違いなく

写真を撮ることが嫌いになっていました。

そうやって、好きな分野をアピールしているうちに、人物だけでも・・・

モデル、アイドル、タレント、俳優、アーティスト、スポーツマン、文化人、一般人、子供、とメチャメチャ分野が広いことに気がついたのです。

人を撮ることは大好きだったので、

上の中のどの人の撮影を依頼されてもうれしかったのです。

苦手な撮影を断って、得意な撮影だけをアピールしていたら・・

気がついたら好きなものだけを撮っていたのです。

話が長くなったけど(笑)

「仕事で写真を撮るのって、撮りたくないものも撮らなければいけない。撮りたいものだけ撮っていればいいってものではない」と言われたのですが、そうなのでしょうか?

という質問への、僕の答えは

「撮りたくないものは撮らなければいい」

「撮りたいものだけ撮ればいい」

ということです。

撮りたいものだけ撮っていれば、ますますその分野のスキルが向上します。

好きだからこそ、オンリーワンのテクニックも生まれ、

ますます仕事の依頼がくるようになります。

「本当は撮りたいものだけ撮っていたいけど、

生活の為には撮りたくないものも撮らなければいけない」

と感じてる人は、

もしかしたら、撮りたいと思ってる分野で

「この人に撮影を依頼したい」と感じさせる、

オンリーワンの写真を撮っていないのかも?しれません。

また、これからカメラマン&写真家を目指そうとしてる人で

「撮りたいものだけ撮っていたい」と思ってる人は、

写真作家を目指せばいいと思います。

画家と同じで自分が描きたいものだけを描く生活です。

つまり、人から撮影を依頼されて撮るのではなく、

自分が撮りたいものだけを撮って生活をするという生き方です。

ただし、

今の僕のような「クライアントさんから依頼されたものを撮る」

というカメラマンより収入という面では、険しいことを覚悟した方がいいと思います。

なぜなら、

日本では、欧米のように写真をアートのように高額で購入するという習慣がないからです。

オンリーワンの写真を撮って発表できる人でなければ、厳しいでしょうね。

写真作家の人は、専門学校や大学の講師をしながら、

また、他の仕事をしながら、自分の作品を発表してる人が多いです。

例外は、家がお金持ちの人、

また、あなたが写真作家をやることを理解してくれて

「あなたは仕事しなくていいですよ、好きな写真を撮ってていいから」

と言ってくれる、よき伴侶がいる人です(羨ましい限りです)

あなたは・・・・

「自分が満足したい為に、自分が好きなものをだけを撮りたい」ですか?

「撮影依頼してくれた人が満足してくれるように撮る」という行為が好きですか?

どちらでしょう?

ここに、今日の質問の答えがあるような気がします。

同じように写真を撮ることが好きでも・・・

自分だけが喜ぶために撮るのと、

自分が撮った写真が人に喜んでもらえるために撮るのとでは、

喜びの感じかたが違うような気がします。

はっきり言えるのは・・・

人に喜んでもらえる写真を撮れる人は、

収入を得ることができる選択技が広いということです。

あくまで、僕の考えですけどね・・・




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。