Category Archives: 写真集を出版する方法

写真集を出版する方法。

By | 2017年2月4日

写真集ってどうやって出版するんだろう?

今日話すのは、

タレントやアイドルを扱った写真集ではなくて、あなた個人の作品の写真集の話です。

写真集を出版する方法は・・

1-有名な写真コンテストの賞を取って、出版社から「うちで写真集を出版しませんか?」と声が掛かる。

2-個展やインスタグラムなど自分の写真を発表していたのを見た出版社や写真家を探してる人から「あなたのあの写真で写真集を出版しませんか?」と声が掛かる。

3-作品をまとめて出版社に写真集の企画を持ち込む。

4-自分でお金を出して自費出版する。

5−電子書籍として写真集を出版する。

大きく分けると、この5つに分けられるのでは?と思っています。

5に関しては僕はわかりませんので、興味がある人は→Kindleで写真集を出そう!
をご覧になって下さい。

僕の場合は、大きな賞も取ったことないし業界の人が知ってる雑誌などで発表などしたことないので3です。

写真集を出版するの方法は一般的には3の場合が圧倒的に多いと思います。

よって、今日は3の場合を書きます。

1-まず「写真集を出版したい!!」と、強く想う。

「出版できればいいなぁ~」ではなく「絶対に出版したい!!」という強烈な想いです。

2-写真集のテーマを決める。

例えば動物が好きな人だとしたら、色んな動物の写真を撮るより、犬なら犬だけ、ネコだけ、アザラシだけ、と焦点を絞った方が印象が強くなるのは事実です。

風景でも、夜景だけ、コンビナートだけ、廃墟だけ、空だけ、道だけ、海だけ、夕焼けだけ、といった感じです。

3-作品をつくる。

お金と時間を徹底的に作品作りにつぎ込めば、そのエネルギーが見る側に伝わります。

つまり、「このテーマいいかも?」といったくらいの感じでは続けることは出来ません。

もう、「好きで好きでしょうがない、それを撮ってる時は時間も忘れてしまう」といったくらい、好きなテーマじゃないと撮影することを継続するのは難しいです。

2と3の順序が逆の場合でも関係ありません。

つまり、テーマなんて気にしないで好きなものを撮っていたら、作品が溜まっていたという場合です。

僕の「ブルーノート」がそうでした。

もう好きで好きで、撮りまくっていたら1つのテーマが生まれていたのです(笑)

4-どの出版社から出したいのか?ということを決める。

色んな写真集を見て「この写真集いいなぁ~」と思った写真集を出版している出版社を調べる。

5-作品をまとめて希望の出版社に企画を持って行くか、送って見てもらう。

その時に「読者にこんなことを伝えたい、見てもらいたい!!」ということを的確に伝える。

とりあえず写真が溜まったので「写真集を出版して欲しいんですけど?」では、編集者の心は動きません。

編集者の心が
・美しいですね・凄いですね・これどこで撮ったんですか?
・カワイイですね・おもしろいですね
・素晴らしいですね・こんなテーマの作品初めて見せてもらいました。
・感動しました。

という、どれかの気持ちになればあなたの写真が写真集になる可能性は高いです。

あなただけが、この気持ちになってるのではダメなのです(笑)

あくまで、出版社の人の心が動かないとダメなのです。

6-数社に断られても、諦めないで持って行く。

1社や2社に断られるのは当たり前です・

断られるということはOKしてくれる出版社が近づいているということ・・・

7-やっと「出版しましょう」と言ってくれる編集者に出会う。

8-デザイン、大きさ、構成、題名、値段が決まり、めでたく出版。

9-書店に並んでる自分の写真集を眺めて胸を熱くする。

10-両親、友達、学校の先生、会社の同僚などにあなたのサイン入りの写真集をプレゼントして、みんなが感動してくれる姿を見て涙する(笑)

といった感じです。

実はこの中で一番大切なのは・・・9と10なのです。

まだ出版もしていないのに「自分の写真集が出版されて喜んでる場面をイメージできる」ということなのです。

つまり「今のあなたの想いが未来のあなたを創っている」ということです。

自分の写真集が出版されて喜んでる場面をイメージできると、

自分の写真集を手にした時のうれしい気持ちを感じることができます。

実はそのうれしい感覚がですね、

写真集を出版するまでに経験する色んなハードルを超える為のエネルギーになるのです。

これは、僕自身が今まで多くの経験をして実感したことです。

今は電子書籍で写真集を世界に発信する方法もありますけど、僕はアナログ人間なので(笑)

自分の写真集にサインしてプレゼントしたいので、電子書籍は考えていません。

世界にあなたの作品を発信たいという人には、電子書籍はいいかもしれないですね。

ただ、世界に発信したいのでしたら、インスタグラムなどSNSを使ったほうが早いかもしれません。

このあたりはあなた自身で判断して下さい。

それでは、今日も1日、未来の自分は今の想いが創っている」を忘れずに
  
つまり、「今日、笑う人には未来に福来たる」です。

このブログへのコメント&質門などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

友達申請はこちらからどうぞ
⇩⇩

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で稼ぐ方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。