Category Archives: カメラ・レンズ・機材の話

写真を撮るのは、カメラではなくてあなたの感性です。

By | 2017年8月31日

古いカメラを使ってると、クライアントさんにバカにされるとか、

新しくて高いカメラを持っていないと仕事が来ない

と思っている人がいますけど

そんなに心配することはありません。

あなたの仕事が、今の機種でもまったく問題ないのでしたら

堂々と使えばいいのです。

この写真は、先日8月27日にリリースされた

飯塚雅弓さんの20週年記念のCDジャケットです。

使用したカメラは、

今から8年ほど前に購入したNikonのD3sという機種です。

先日発売された、新しい機種と機能を比べたら、

もう、大人の子供位の差があります(笑)

カメラが好きな人に

「プロなのに、そんなに古いカメラで撮ってるのですか〜〜!!」

と、突っ込まれそうですけど(笑)

僕は、古い機種を今でも使っています。

この機種は

ファインダーを覗いた時に、

ファインダーのサイズを35ミリの2✕3から4✕5に変更できるのです。

4✕5という画角は、インスタの1✕1に近いのです。

CDジャケットも画角がインスタと同じ1✕1なので

1✕1の画角に近い4✕5に変更できるD3sファインダーは、

メチャメチャ撮りやすいのです。

だから、CDジャケットの撮影では、

今でもこのカメラをメインに使っています。

撮影現場には、

デザイナー、アーティスト、プロデューサー、スタイリスト、ヘアメイク
マネージャーさん、などなど、

他のカメラマンと一緒に仕事をしているので、カメラにもに詳しい人がいます。

でも、

「宅間さん古いカメラ使ってますね〜、それじゃぁ、不安で仕事頼めないです」なんて

言われたことは1度もありません。

クライアントさんが、カメラマンに望むことは

たった1つしかありません。

それは「いい写真を撮って欲しい」ことです。

あなたが今使っているカメラやレンズで、

あなたのお客さんが望む写真が撮れるのでしたら

周りのカメラ好きの人になんて言われても

気にしなくていいんですよ。

自信を持って

お客さんが喜んでくれる写真を、

今持ってるカメラで撮ればいいのです。

どうしても、今のカメラにはない機能が必要な仕事の時は

購入するなり、レンタルすればいいのです。

もし、今持ってるカメラでも仕事に差し支えがないのでしたら

新しいカメラを購入するお金を

感性を伸ばすことに使ったほうが、将来の為になります。

例えば、あなたが公園で人を撮る仕事を依頼されたとしましょう。

その時に

1−どの場所で撮ればいいのか?

2−どの光で撮ればいいのか?

3−どんな構図で撮ればいいのか?

4−どんな表情で、ポーズで撮ればいいのか?

5−望遠で撮ればいいのか?ワイドで撮ればいいのか?

6−レフを使うか?ストロボを使うか?

いい写真を撮るためには

最低でも1〜6のことを瞬時に決めなければいけません。

これらの決めごとを

高級機種のカメラが、あなたに教えてくれますか?

それを決めるのは、あなたの感性だと思いませんか?

長々と書きましたけど、誤解しないで欲しいのは

高いカメラやレンズを購入することが悪いと言ってるのではありませんよ。

新しい機種、高いカメラが好きな人、

そのカメラの方が、自分が撮りたい写真が撮れる

と思った人は、

購入して今以上に写真を楽しんで下さい!!

僕のマンツーマンワークショップに参加している数人から

高いカメラを持っていないと、いい写真が撮れない

クライアントにバカにされるのでは?

という相談があったので、僕の例を書いただけですので

くれぐれも誤解されないようにお願いしますね。

それでは、明日もキープスマイルで!!


ハウススタジオで白い壁の前なんだけれど、外からいい感じの自然光が入っていたので、ストロボではなく自然光で撮りました。




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。