Category Archives: 写真展を開催する方法

仕事に繋がる写真展。

By | 2017年7月1日

今回の写真展の一番の目的は、

「写真集(ブルーノート)を購入して下さった、人達に

タクマブルーのオリジナンルプリントを見て欲しい」ということです。

でも、せっかく多額のお金を使って写真展を開催するのだから

カメラマンの性というか(笑)

せっかくやるのだったら、

新しいクライアントさんになる可能性のある人達にも

「見て欲しい〜」と思います。

以前の僕でしたら

多くの雑誌に少しでも紹介してもらうようにお願いしていました。

でも、今回僕が「写真展の紹介をしてもらえないでしょか」お願いしたのは

1誌だけです。

理由は、

この雑誌はアートディレクター、デザイナー、ギャラリスト、コピーライター、など、など

カメラマンに撮影を依頼する立場の人や、

写真家の作品を扱ってくれるような人達が購読しているからです。

じゃぁ、それ以外に何をしたのか?

それはですね・・・

僕がこれから、仕事をしてみたい雑誌、僕が大好きな雑誌媒体の編集長に

ダイレクトに手紙を送ったのです。

手紙にした理由は・・・

誰かわからないカメラマンからの、メールやフェイスブックなどからのメッセージは、数秒で黙殺されると思ったからです。

でも、自分宛に届いた郵便物は

封筒の裏に〜〜写真事務所と印刷されていたら

中身を見ないで、捨てたりはしないと思いませんか?

また、封筒の中には手紙と案内ポストカードを3枚も入れたので

分厚いのです(笑)

3枚入れたのは、

もしかしたら

他の編集者に「お前ブルー好きだろう?行ってみたら」と言いながら、渡してくれるかな?

と思ったのです。

また、封筒が分厚いと開けてみたくなりますよね(笑)

今度は、手紙の内容ですけど

写真展の日時を書いて「よろしかったら見に来て下さい」みたいな内容だったら

よほど、ブルーが好きな人でなければ来てくれません。

僕の手紙の内容は、

「なんか、見てみたい」と思ってもらえるようなことを書いたのです(笑)

あと、この案内状を送った時期は、

写真展が始まる前の週です。

理由は、あまり前だと仕事ではない限り忘れられてしまうからです。

でも、「来週か?」くらいの方が

「だったら、水曜にでも行ってみるか?」という感じに思ってもらえる確立は高いのです。

タクマさんは心理学でも学んでるのですか?

と思ったあなた・・・

違いますよ。

僕が、あまりにも前に案内が来たら忘れてしまうのです(笑)

僕は誰かに何かをする時に、考える判断基準は

「僕だったらどう?」なのです

すべて、自分基準なのです。

自己中なのです(笑)

実際にこの案内状を見て来てくれるのは

5%くらいの人だろうな、という想いで、

20誌の編集長にダイレクトに送りました。

結果は、2誌の編集長さんが来てくれました。

10%です!!

そして、

あなたがタクマさんですか?

編集部に毎月たくさんの案内状が届きますけど、

あのような案内状が届いたのは初めてですよ(笑)

あれ、読むと見に来たくなりますね(笑)

今度、ブックを見せてもらえませんか?
と言われ名刺交換させてもらいました。

SNSの時代なので、いまさら手紙なんか?

と言う人の方が多いと思うのですが

もしもあなたが、知り合いからの紹介もない

名前も知らない人からの案内メッセージが届いたら

じっくり見ます?

僕は見ても数秒で削除するので、このアナログ手法にしたのです。

来て欲しい人だけに、ダイレクトに案内状を送る。

僕はこれを、青森大間のマグロ1本釣り戦法と呼んでいます(笑)

あなたが地方の人だとしたら、

新聞、フリーペーパー、来て欲しい会社の社長、商工会議所の人、あの人に観て欲しい、という

人にダイレクトに送ればいいと思います。

人生、ダメで元々です😊

やらないで後悔するより、ダメでモトモトの精神で

やった方がいいと思いません?

長々と書きましたけど

あなたが・・・

今後、写真展をやるのでしたら

写真展をやることで、どうなりたいのか?

せっかくやるのでしたら

これを考えて計画を立てれば

テーマ・やる場所・会期・案内状の内容が明確になり

より充実した写真展を開催することができると思いますよ。

仕事に繋がる写真展への、ワンポイントアドバイスでした!!

それでは、「明日も1日笑う人には福来たる」で過ごしましょう!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。