Daily Archives: 2017年10月5日

ひさびさのコンサート撮影の話。

By | 2017年10月5日

先日、約10年ぶりにコンサートの撮影をしました。

僕はここ10年

1つの必要なカットを撮るために与えられた撮影時間が

15〜30分という仕事がほとんどです。

だから、写真を撮るための集中力も15〜30分あれば十分です。

ところが・・・

コンサートは、ファインダーを覗きながら

90分〜120分

ず〜〜と集中する必要があります。

陸上競技で例えるなら

100mの短距離走とマラソンくらいの差があります。

今回のコンサート撮影の依頼が来た時、

今の僕にはそんなに長い時間

ファインダーを覗きながら被写体に集中するのは無理だなぁと、

分かっていたのでお断りしたのです。

でも・・・

「どうしても撮って欲しい」とお願いされたら

「なんとか、撮ってあげたい」と思うでしょ!

僕もそうです。

でも、集中力が持たないかも?という不安があります。

そこで考えたのが・・・

元アシスタントで、今、プロカメラマンとして活躍しているN君と

カメラマン2人体制で撮ればどうだろう?という案です。

クライアントさんも、了承して下さったので

N君と2人体制で、コンサートの撮影をすることになったわけです。

当日は、僕が300mmf2.8と70〜20mmの2本
N君が300mmf4と70〜200mmと24〜70mmの3本のレンズ持って、
会場に行きました。

リハーサルで撮れる場所を確認し

僕は、「ひさびさに300mmf2.8を手持ちで撮るぞ〜!」って

張り切っていたのですが・・・

もう、重たくて重たくて

300mmf2.8を手持ちで撮るのは、3分が限度でした(笑)

大きいレンズを手持ちで撮ってるスポーツカメラマンって、凄いなぁ〜と感心。

結局僕は、300mmに一脚を付けて撮ることにしました(あ〜情けない)

昔の僕だったら、コンサートで一脚なんか使ってるカメラマンがいたら

「バカじぁないの!」って、おもいっきり笑ってました。

普通のコンサートでは一脚なんかNGですけど、

この撮影は、会場には僕らしかカメラマンがいなかったので大丈夫だったのです。

僕は300mmを一脚に付けて撮影

そして、若くて体力のある君には

動き回って撮ってもらうことにしました。

撮影前にN君に

「ところでカメラの設定どうするの?」と聞いたら

「マニュアルで撮るつもりです」と一言

「えっ、コンサートって明るさ調整大変だよ!それでもマニュアルで撮るの、お前ってカッコイイなぁ〜!!」とホメまくりました(笑)

僕はマニュアルで撮る自信はないので、絞り優先のオート設定。

今のカメラは、シャッター音が気にならないサイレントモードで撮れるし

オートで撮った写真が暗かったり、明るかったしても

あとから自由に修正できるので、撮ることに集中できて本当〜に楽ですね。

今回、約10年ぶりにコンサート撮影をして思ったのは

コンサート撮影って、集中力と体力がいるなぁ〜と

つくずく思いました。

コンサートが終わった時には、
フルマラソンを走りきった後にようにもうぐったりです。

フルマラソンは走ったことないですけどね(笑)

実は、

今回の撮影でカメラマンがやってはいけないことをやってしまったのです。

それは・・・

ファインダーを覗いてると、歌っているアーティストをアップで見ることができます。

僕は、なんと・・・

ファインダーを覗きながらアーティストの歌に聞き惚れてしまったのです。

アーティストの素晴らしい歌が、

僕の心と身体中に染み渡ってくるんですよ。

いちファンになって、感動に浸ってたのです。

そして「あっ、シャッター押さなきゃ!」と、我に返ったわけです(汗)

こんな経験、初めてでした。

コンサートを撮るプロカメラマンとしては、失格です。

そんな僕とは違って

会場中を走りまわって撮ってるN君の姿をみて

「あいつカッコイイなぁ〜」って思ったわけです。

今回の仕事では

師匠の僕と弟子のN君の名前が一緒に掲載されます。

うれしいですね!!

N君は今回の撮影で、クライアントさんに実績を知らしめたので

これからは、このクライアントさんから
コンサート&ライブ撮影の依頼がいっぱい来ると思います。

N君はとにかく、撮ってる姿がカッコイイのです。

写真がうまい人は、撮ってる姿を見ればわかります。

ちなみにN君は、女性だけどね。

あの姿は女性が見ても「カッコイイ〜」って思うだろうね。

それでは、今日も1日

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

現状を変えることができるのは周りの誰でもない、あなたの行動だけ!!




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

どんなに、頑張っても50分くらいしかもたなくなりました(笑)