写真展の話

By | 2017年4月11日

今年の夏までには写真展をやりたいと思って色々と動いています。

前に写真展をしてから15年以上経つので、

何をやればいいのか?

すっかり忘れてしまいました(笑)

それにしてもやることが多いですね。

1−都内の色んなギャラリーを巡って、どこでやりたいのか?を決める。

色んなギャラリーがあるので、どこのするのか?を決めるのは

結構大変なのです。

写真展に来てくれる人のことを考えて、交通の便がいいことが最優先です。

2−写真集ブルーノートの、どの写真を展示するかを決める。

この為に

インスタ・ツイッター・ファイスブックに写真を投稿して、

写真を見てくれた人達の反応を見ています。

こんなことしてるカメラマンは、僕だけかもしれません(笑)

「展示する写真は、写真家自らが決めるものだよ」と怒られそうです。

というか、間違いなく怒られますね(笑)

3−写真の大きさ、額装を決める。

色んな写真展を見に行って、展示方法や額装を参考にして

この大きさで、この額装がいいか?と迷っています。

4−プリントを依頼するラボと、額装を依頼する会社を調べて決める。

事務所ではA3サイズまでしかプリントできないので、

ラボに依頼することにしました。

都内の数社に行って、色んなペーパーでプリントテストをしました。

そして、見積もりを出してもらってびっくり!!

額装とプリント代を入れると、ほぼ200万円〜〜〜!

「そ、そんなにするんですか!!」と、目が点になりました(笑)

これにギャラリー使用料、僕がいない日に会場にいてもらう人の依頼

案内状のポストカード制作などなど考えたら・・・

最初の「よし、写真展をやるぞ〜〜!」という

心が、折れ掛けました(笑)

写真展って、本当にエネルギーとお金を使いますね。

15年以上前によくあんなに大掛かりな写真展をやったなぁ〜と

あの頃の自分をホメてやりたいです(笑)

今回、どうして写真展をやろうと思ったのか?

それはですね

僕のマンツーマンワークショップに来た人の

「タクマさん、写真集ブルーノートの写真展はやらないんですか?」という

一言から始まったのです。

僕「写真集で写真は見れるから、わざわざ写真展やる必要はないと思ってるんですよ」

「タクマさんって、ツイッターって見ますか?」

僕「いや、やってないから1回も見たことないけど」

「これ、見てもらえますか?」

と言って、

僕の写真集ブルーノートを購入した人が

ツイートしているのを見せてくれたのです。

それが1人や2人ではなく

結構いたのです。

「へぇ〜こんなに書いてくれてるんだ!うれしいね」

といいながら読み進んでいったわけです。

その中の1人が

「この人の写真展を見てみたい!」と書いてあったのです。

その一言を見た時に

今まで、この人達のことを気が付かずに、

ず〜〜と過ごしてきたのか〜

なんて申し訳ないことをしてたんだろう・・と

胸が熱くなったのです。

そして

「よし!!この人達の為に写真展をやろう!」と決めたわけです。

心が熱くなり、色々進めていって、

全体の予算が見えてきた時に

さっき書いたように

最初の「よし、写真展をやるぞ〜〜!」という

心が、少しだけ折れ掛けました。

という状態になったわけです(笑)

安心して下さい

写真展に掛かる費用を考えたら

カメラマンとして働く意欲が湧きました(笑)

今回の写真展は、いつも雑誌やCDジャケットなどの撮影をしている

カメラマン宅間國博ではなくて

写真家「タクマクニヒロ」として開催します。

タイトルも未定で、

まだ、日程は決まっていませんけど・・・

決まったら必ずお知らせしますので、楽しみにしてて下さい。

その時は、みんな見に来てね〜〜〜〜〜!!!!!

それでは、明日もキープスマイルで!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このブログへのコメント&質門などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


4 thoughts on “写真展の話

  1. 鈴木

    タクマさん、お疲れ様です!
    いよいよ、写真展の話が出てきて楽しみです!

    しかし、200万円!、20万円の間違いでは?と思ってしまいました(汗)
    話は変わりますが、私も、先月、銀座のギャラリーで、10数年経って、自分が写真を取り始めたきっかけの写真家さんの個展に行って来ました。
    本で見るのとは違った感動がありますね!

    タクマさんの作る世界感も、楽しみと、将来の勉強の為と…。
    また、ワークショップにて、自分の人生の価値観を変えてくださったタクマさんにお会い出来る事を楽しみにしております!

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      鈴木さんへ
      僕も20万の間違いかと思いましたよ
      プリントと額装を外注すると、高くなりますね。

      Reply
  2. ますいしんいち

    タクマさんへ
    いつもありがとうございます。
    写真展、ものすごく楽しみにしています。頑張ってください。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。