写真展の準備で学んだこと。

By | 2017年5月1日

6月20日〜25日の、梅雨の真っ最中に開催する(笑)

写真展に展示する写真の点数、レイアウト、額装の種類が、ほぼ決まりました。

いつもの撮影する時には使わない脳みそを使うので悩みましたね〜。

 

でも、この悩んでる間は

辛いのではなくて、メチャメチャ楽しいのです。

 

これでまた一歩、写真展に近づきました。

今回の写真展で一箇所だけ、写真業界のみなさま、そして、写真が好きな方々に

「あの展示方法は、あり得ない!!」って、

お叱りをもらうかも?しれない展示をする予定です。

 

100%「あれはダメでしょ!」って叱られると思いますので、

今、謝ります!

「大変申し訳ございません」

「じゃあ、やらなければいいのでは?」と思ったんだけど、、、

でもね、

僕が、どうしても観てみたいんですよ!!

叱られるのは覚悟していますので

「タクマさん、しょうがないなぁ〜」と、大らかな気持ちで見て下さい。

ただ、もしかしたら

気がつかない人もいるかも?しれません(笑)

 

今回の写真展の準備をしていて感じたのですが

 

いつもは

撮った写真をモニターで見て、写真セレクトをしています。

でも、

写真展は、セレクトした写真をプリントします。

 

プリントをする時の写真用紙の選択で

写真の見え方が、がらっと変わります。

 

光沢紙、微粒面、無光沢紙、フイルム紙などなど、色んな種類があります。

あと、写真用紙のメーカーによっても変わります。

だから、ペーパー選びだけでも、随分悩みました。

ペーパーが決まったら、今度は

額装を決めなければいけません。

写真だけをパネルに貼って見せるのか?

額に入れるのか?

額に入れる場合は、写真の周りに白いマット紙でスペースを開けるのか?

その幅は、何センチにすれば写真がよりよく見えるのか?

今度は、額の色は何色にすればいいのか?

黒、シルバー、木目、その他色々

今度は、それを光沢にした方がいいか?無光沢にした方がいいのか?

額の幅は何センチ?

などなど、決めることが山ほどあります。

今回の準備で思ったのは

写真展で写真を見せるというのは

1−どこのギャラリーでやるか
2−写真の大きさはどうするか
3−プリントの種類は
4−どのプリンターでプリントするか?または、どのラボに発注するか?
5−額装はどうするか?
6−展示方法、レイアウトはどうするのか

などなど

自分の写真を、どう観てもらいたいのか?

ということを、総合的に考えて

写真展が1つの作品という想いで取り組まなければダメだ、ということに気が付きました。

「タクマさん、それ、今、気がついたんですか?」と思ったあなた・・

そうなんですよ

本当〜に、僕は気がつくのが遅いです(笑)

 

長々と書きましたけど

写真展の期間は短くても、写真展をやることで多くのことが学べます。

 

毎日、毎日、自分の写真を見つめるので

自分の写真とじっくりと対話ができます。

そのことで、自分の写真を見る目が変わります。

 

これ、おもしろいですよ!!

あなたも、「いつかやりたいな〜」と思っているのでしたら

ぜひ、やって下さい!!

 

「誰も、来てくれなかったらどうしよう」なんて考えることないんです。

あなた自身が喜ぶためにやればいいんですよ。

 

それでは、連休もキープスマイルで!!




このブログへのコメント&質門などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


2 thoughts on “写真展の準備で学んだこと。

  1. ますいしんいち

    タクマさんへ、
    「自分の写真とじっくり対話する」
    いいことですよね。今日もありがとうございます。

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      ますいさんへ

      こんなに自分の写真を

      毎日、毎日、見たのは初めてですね!

      自分の写真と真剣に対話したような気分です。

      いい経験をしました。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA