質問への返答パート2

By | 2017年7月29日

Q:タクマさんの、写真家として、自分の写真が他の写真家と違う、個性だと思うことは何ですか?

A:まず、僕の中にはカメラマン宅間國博と写真家タクマクニヒロの2人がいます(笑)

まず、カメラマン宅間國博の他のカメラマンさんとの違いは、

僕のクライアントさんから言われたことですけど

写真のバリエーションが多い・構図がおもしろい・撮影が速い・素の表情の捉えるのが上手い・被写体とのコミュニケーションが上手い。

のどれかを、初めて仕事をしたクライアントさんには、よく言われます。

僕が意識していないのですが、

他のカメラマンさんと比べることができるクライアントさんが言ってるので、

そうなのかなぁ〜と思ってます(笑)

Q:タクマさんの撮った写真で、思い出に残っている、気に入っている写真を教えてください。

A:1つに絞ることはできませんけど、今のように色を自由に変えることができない、ポジフイルムで撮影していた時期に、レンズの前にカラーフィルターを付けて撮ったこの写真です(下の写真)

この当時から青が好きだったんだなぁ〜と思いますね。
もしかしたら、これがタクマブルーの原点かもしれません。

Q:落ち込んだ時にはどうやって元気になりますか?
A:「何を学ぶためにこの辛い経験をしているんだろう?」と自分に問いかけます。

そして「今後、同じような嫌な経験をしない為には何をすればいいんだろう?」という気持ちに切り替えますね。

そして、その為にやるべきことに意識向けて行動します。

そんなこともできない状態の時は

死んだら落ち込むことも、楽しむこともできないでしょ?

だから「生きているだけで幸せだなぁ〜」と思うようにしています。

そして「笑う人には福来たる」の気持ちで、早く福に来てもらうようにいつも以上の笑顔で過ごします。

Q:今日が人生最後の日。
本当に最後の最後の1ショットはどんなカメラで、どのような被写体をどんな色で撮りたいでしょうか?

A:人生最後の日は、写真は撮らないと思いますよ、理由は、自分がその写真を見れないからです。

僕に撮って写真は、どんな写真が撮れただろう?って後から見るのが楽しいんです。

「生まれる前に、自分が描いたシナリオどおりに人生を送れたかどうか?を知ることができる」楽しみだなぁ〜と思いながら、最後の日を迎えると思います。

Q:普段AFで撮っているのですが、データを見るとピントを外している写真が多く見受けられます。

鼻の頭に持っていきたかったピントがその手前の肘に合っていたり、右目を狙ったのに唇にピントが来ていたりします。

おそらくMFで撮影すればそういった事は起こらないのかもしれませんが、現在のカメラではファインダーを覗きながらのMFが非常に遣り難いです。

ファインダーを覗きながらMFで上手くピントを合わせる方法はあるのでしょうか。

A:僕はAFはピントを勝手にあわせてくれるから、楽だなぁ!と思って撮っています。

人物撮影の場合は、目にAFを合わせています。

この方法で今までピントが外れてたことがないので

「どうして、ピントが外れるのか?」という理由はわからないのです。

答えになっていなくて、ゴメンネ。

MFで撮る場合は、オールドレンズを付けて撮ればどうでしょう?

オールドレンズはピントの山が深くなるので、MFでもピントをあわせることができていいと思いますよ。

僕の場合、MFで自由な構図で撮りたい時は、カールツァイスのレンズを付けて撮っています。

このレンズもオールドレンズと同じようにピントの山が深いので、MFでも簡単にピントをあわせることができるので気に入っています。

それも面倒という人は、瞳AF機能が付いているフジとかソニーのカメラがいいと思います。

僕は、瞳AF機能が付いているカメラを使ったことがないので100%いいですよ!

とは言えないんだけれど、使ってる人聞いたら「便利です!」と言っていましたので。

人に借りたり、サービスセンターで触ったりして、

色々トライして自分にあったものを探して下さいね。


これが、ポジフイルムで撮ったタクマブルーの写真です。
ポジフイルムがわからない人はネットで調べて下さい。




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA