撮影が早くなる方法。

By | 2018年1月12日

カメラマンの僕が、クライアントさん達に指摘された、僕のいいところ(つまり強みです)は

1ー撮影が早い
2ー色んな構図で撮ってくれるのがいい
3ー撮影中のコミュニケーションがいい

この3つが一番多かったのです。

今日は、1の「撮影が早い」理由を書きます

撮影が早いと

撮られる人、撮影を依頼したクライアントさん共々100%喜んでくれます。

(家族の場合は、撮られる人とクライアントさんは同じです)

それは、あなたが撮られる側になればよくわかると思います。

 

じゃぁ、どうやったら早く撮れるのか?

 

これは、とても簡単なのです。

 

撮影前日までに、可能な限りの準備をすればいいのです。

 

どんな準備か?というとですね

 

「どこで、どう撮るのか?」を、

事前に細かくシミュレーションすればいいのです。

 

1−レンズは何を使う?

2−露出、シャッタースピードは?

3−どこで撮る?

4−どんな構図で?

5−どんな表情&ポージングで?

6−どんな流れで移動やセットチェンジをすればスムーズに撮れるのか?

7ースタジオや部屋の場合は、どんなライティングにするのか?

などなど

思いつく限りのことを

事前に考えてシミュレーションすればいいだけなのです。

 

スポーツでいうと、本番の試合の前に

練習試合をして、自分の修正すべき点を確認し、本番までに修正するわけです。

 

最低でも1〜7のことを事前にシミュレーションすれば

撮影当日に、やるべきことが頭の中に入ってるので

焦らず、スムーズに撮れるのです。

 

撮影現場でカメラマンのあなたが一番やってはいけないことは

「えっ、どうしよう?」って悩むことです。

 

カメラマンが悩むと、撮られている人もクライアントさんも

みんな心配になります。

 

そして、あなたは信頼をなくします。

 

僕は、このシミュレーションをいつもやっているおかげ

撮影がスタートする前に、

撮りたいカットが頭の中に入ってるので

撮影に迷いがないのです。

 

だから、早いのです。

 

僕はその日の最後のカットを撮り終えたあとに必ず

 

「OK~~!!」と大きな声で言います(笑)

英語の「OK」ではなくて

オッ、ケイ〜〜〜〜〜!!終了〜〜〜〜!」って、大きな声で叫びます(笑)

 

 

「撮りたいカットが撮れない時はどうするんですか?」

と思ったあなた

それも、シミュレーションします(笑)

思ったポージングをしてくれない

思ってた表情をしてくれない

天気が悪くて、撮りたい場所で撮れない

など、色んなマイナスな状況をシミュレーションします。

 

だから当日何があっても

「うっそ〜まいったなぁ〜」と悩まないのです(笑)

 

AパターンがだめなときなB

Bがダメな時はC

という感じに、困った状態になった状況をシミュレーションして

自分なりに対処法を考えます。

 

僕がアシスタントに、口癖のようにいつもよく言ってるフレーズがあります。

それは・・・

「備えあれば憂いなし」です

 

毎回、こういった準備をしてるとですね

自分の中にたくさんの引き出しができて

「今回はシミュレーションしなくても大丈夫!」という状態になれるのです。

 

もし、あなたが

「私も早く撮れるようになりたい」

と思ってるのでしたら

 

今のあなたが、できる範囲でいいですので

事前にシミュレーションしてみて下さい。

みるみる早くなりますから。

 

そして、撮影当日

あなたの中に強烈な

自信というエネルギーが湧き出るようになります。

 

どんない些細なことでもいいのです

 

継続は力です!!

 

それでは、今日も1日

「今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!」




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


2 thoughts on “撮影が早くなる方法。

  1. ますいしんいち

    タクマさんへ
    早い、いろいろ、コミニュケーション、ボクもさらに頑張ります。
    今日もありがとうございます。笑門来福。

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      ますいさんへ
      お互いに、これからも、写真でお客さんを笑顔にしましょう!!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。