写真で稼ぐパート2。

By | 2016年3月7日

僕が写真好きの会社員だったら何をするか?パート2。

週末に撮った写真をストックフォトに写真を預けます。

というか、

週末にストックフォト用の写真を撮って、ストックフォトに預けますというのが正しいです。

僕は、プロカメラマンになってからストックフォトという存在を知って

写真を預けたことがあります。

当時は、今と違って

写真が使用されるのは、パンフレットや雑誌やポスターなどの印刷物媒体でしたので

使用料は、どんなに安くても数千円で、平均の単価は1点使われると1万円以上でした。

だから、

「こんな写真が使われるのか」ということがわかって、

その手の写真を預け始めてからは、

毎月、30〜50万円入金がありました。

多い時は100万円を超えた時もあって、

「こっちの方が儲かるか!!」と、真剣にストックフォトの写真をメインに撮ろうと考えたこともあります。

でも、雑誌、CDジャケット、写真集、ポスターの撮影の方が圧倒的に楽しくなってきたので

ストックフォトだけで稼ぐということはやめました。

今は、僕がストックフォトに写真を預けていた頃と違って、

写真が使用される媒体が

印刷物ではなくてウェブ中心になりました。

だから、1点の使用料がびっくりするほど安いです。

1点の使用料が、数十円、数百円が殆どで、多くても数千円です。

・・・でも、

写真が好きで、自分が撮った写真で少しでも稼ぎたいのでしたら

ストックフォトはいいですよ。

例え、1点の使用料が、十円、百円単位が殆どで、多くても数千円だとしてもですね

使われる写真の点数が増えれば

毎月数千円〜数万円になります。

僕のマンツーマンワークショップのクライアントさんの中には

会社員をやりながら、

スックフォトだけで毎月5万〜10万円稼いでいる人が何人もいます。

ストックフォトをやるにも、その人の性格よって違うのでおもしろいです。

僕が 「継続は力です」 と言っても

「タクマさん3ヶ月預けて1点しか売れませんでした、それもたった500円です」といって、すぐ諦める人と

「タクマさん3ヶ月預けて1点売れました!、500円だけど売れるとうれしいですね、

ストックフォト用を撮るのに、私がどの分野の写真を撮ればいいのかもっと教えてください」

と、おもいっきり前向きになる人と2パターンいます。

僕は、その人の性格によって向き不向きがあると思ってますので、

無理に勧めたりはしません。

ストックフォト用の写真を継続できる方法は簡単です。

あなたの好きな分野の写真を撮ればいいのです。

例えば・・・

人物を撮るのが好きな人、

子供を撮るのが好きな人

部屋の中でコツコツ小物を撮るのが好きな人

料理が好きな人

ネコや犬が好きな人

風景写真が好きな人

といった感じです。

ストックフォトの会社は、ネットで調べればいろんな会社がありますので

あなたも、週末の時間を利用して撮った写真をストックフォトに預けて、

毎月数千円でもいいので稼いでみてはいかがですか?

例えば5千円だとしたら、1年で6万円です。

もし、毎月8万〜10万円稼げるようになれば1年で約100万円の臨時収入です。

100万円あえれば高級一眼レフ、レンズ、ストロボなんでも、おもいっきり買えますよ。

大切なのは、

稼げるからといって好きでもない分野の写真を撮るのではなくて

自分が得意な、好きな分野の写真を撮ることです。

週末に撮るんだから、楽しい方が継続します。

そして、もっと稼ぎたい!!

という欲求がでてきたら、

その時は、あなたが好きな写真ではなくて

ストックフォトで稼げる写真を撮ればいいのです。

このブログを読んで、「自分もやってみようか」 と思った人は

ぜひ、この本を読んでください。

PIXTAというストックフォトの会社から出ている本ですけど、役に立ちますよ!!
  ↓  ↓
写真で稼ごうハンドブック ストックフォトのはじめ方 (PIXTAオフィシャル・ブック)

写真で稼ごうハンドブック 人物イメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

写真で稼ごうハンドブック 季節・風景イメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

写真で稼ごうハンドブック 雑貨・フードイメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

I-15

何か聞きたいことがある人は、どのような些細なことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄からして下さい。
このブログへのコメントは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

友達申請はこちらからどうぞ
⇩⇩

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1→紹介動画

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5→紹介動画

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4→紹介動画

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンになりたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」

という人が「こんなに役に立つワークショップ初めてです!」と喜んでくれる、マンツーマンワークショップに関しては
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


2 thoughts on “写真で稼ぐパート2。

  1. yusuke

    写真が売れるとその時はとても嬉しいのですがなぜだかそのあとのモチベーションがなかなか続きません。
    長く続けられるコツがあれば教えていただきたいです。

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      yusukeさんへ

      僕が思う、モチベーションが続かない理由は、

      1−期待してた収入ではないので、こんなことまでして収入を得ようとは思わない

      2−ストックフォト用に撮る写真が、自分の好きな写真ではないから楽しくない

      の2つです。

      1でしたら、毎月10万〜30万の臨時収入があれば 「よし、もっと写真を撮って預けよう」と思いますか?
      それでも、モチベーションが上がらないのでしたら、ストックフォトで稼ぐということに向いていないのだと思います。

      2でしたら、これは1以上にストックフォトで稼ぐということに向いていないのだと思います。

      僕は無理してストックフォトの写真を撮ることはないと思いますよ。

      収入は、今の会社勤め(仕事)で得て、ストックフォトで稼ぐということを考えないで

      自分が好きな写真を趣味で撮るほうが

      せっかく好きになった写真を撮るということが継続できます。

      無理しないことです。

      僕は、最初に数千円の入金があったときは嬉しくて、

      「よし、もっと写真を預けよう!」と思いました。

      「自分が撮った写真がお金になるんだ!」 ということを喜べるかどうか?

      この部分を、自問自答してみてください。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください