Category Archives: ライティング

スタジオで太陽を作る。

By | 2018年4月24日

写真集ブルー・ノートのおかげで、ブルーだったらタクマさんですよね!

って、よく言われるようになりました。

 

でもね・・・

 

写真集「ブルーノート」の被写体はすべて風景なのです。

人物の顔がブルーだったら、結構違和感ありますよ(笑)

 

これは白ホリのスタジオで撮ったのですが

写真全体をブルーにすると、顔もおもいっきりブルーになるので

そのあたりの調整が大変でした。

 

撮影後に、編集で白ホリの背景をタクマブルーにして、

顔はノーマルな顔色ではないんだけれど

気にならない程度のブルーになるように調整してみました。

 

ブルーにするのは、色温度で調整しています。

 

クライアントさんからのリクエストが

海の中に人がいて

海面から下にいる人物に太陽の光が差し込んでいるような感じ

ということだったので

 

レンズに太陽光のフレアーが入ってるように

カメラをライトの方向に向けたりして

太陽の下で撮ってる時と同じ感覚で遊びました。

 

ただ、撮ってる時は

 

フレアーがどんな感じに入っているのか

確認しながら撮る時間がないので

 

もう、こういう時は

写真の女神に任せています(笑)

 

右写真の背景のクラゲのような光は

50センチ四方のアルミ板にライトの光を反射させています。

これも写真の女神に任せています(笑)

 

というわけで

スタジオでも定常光を使えば

太陽光で撮ったようにレンズにフレアーを入れたりして遊べます。

それでは、今日も1日、今やるべきことに
3歩進んで2歩下がるという感じで、ベストを尽くしましょう!!


定常光のHMIを被写体の左右に1灯ずつ、ISO1600、S1/250、f5.6
+act. ( プラスアクト )―2018年 5月号で撮らせてもらった写真です。




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの2つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・クリップオンストロボ・ライティングDVD5

 

★プロカメラマンの「営業方法を知りたい!」という人は

・仕事に繋がる効果的な営業方法 DVD6
がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、プロが絶対に教えたくない営業ノウハウのすべてを

独学のあなたでもできるように、具体的に教えています。

★自分にあった「写真で食べていく方法を知りたい!」

という人のために

マンツーマンセッションをやっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから

クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。