Category Archives: ライティング

写真を切り抜きで使用する時の写真ライティング

By | 2019年2月5日

この写真は、見ればわかると思いますけど

背景の絵の中にスタジオで撮った人物写真を合成しています。

 

今はCDジャケット、ポスターなど合成で絵を作ることが多いです。

 

 

理由は、それだけ上手く合成ができるようになったからです。

 

 

合成用の写真は「切り抜き」と言っています。

 

 

切り抜きやすいように、背景は白バックです。

 

 

切り抜き用でも

人物のライティングに関しては「最終的にどのような絵柄にするか」で決めます。

 

 

この写真に関しては、

どの服装の写真が、左右のどちらに使われるのか?ということが

撮影時点では決まっていなかったので、人物が左右のどちらに使われてもいいように

光を正面から当てました。

 

 

ただ、フロント紗幕(トレペ)にすると柔らかい光になるので

 

切り抜きで使われた時に、絵がシャキッ!としません。

 

 

なので、ソフトボックスのフロントトップライトで撮りました。

 

ソフトボックスと書いてるけど

光が柔らかいからソフトボックスという名称ではないので

誤解しないようにね(笑)

 

 

光と影の強い順に、ざっくりと書くとですね

 

ストロボ直

オパライト

ソフトボックス

カサ板

ルーセント

フロントトレパ

 

こんな感じで、ソフトボックスって結構光が強いのです。

 

バック飛ばしも同じソフトボックスを後ろの白ホリの上から下に向けて

背景を白く飛ばしました。

 

もし、人物の服装が白い場合は人物の左右に黒パネルを置きます。

そうすると、

服の両端が黒く締まる(黒い縁ができる感じ)ので背景の白と溶け合わないのです。

 

 

後の合成はデザイナーさんにお任せです。

 

この時の声かけは

 

左の写真を撮るときは「カッコいい!」

着物の写真を撮る時は「カワイイ!」

・・・と

服装で声掛けを振り分けました。

 

とにかく、彼女のポージングと表情作りが完璧だったので、

撮影はあっという間に終了しました。

 

いや〜〜可愛くて、

最高〜に楽しかったです!

使用したライトは、イラストのようにストロボ2灯です。

 

★僕のDVD1を購入された人は、フロントトップライティングをセットして説明しているところが、動画で見れますのでご覧になって下さい。

 

 

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・実践ですぐ使える!効果的な「声掛け」DVD3

・クリップオンストロボ・ライティング DVD5

★写真で食べていきたいあなたを、写真で稼げるカメラマンにする
マンツーマン・ワークショップも
やっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから