白バックで撮った写真に色をつける

By | 2019年9月15日

この写真は白い背景で撮った写真で、ストロボの光が届いていない箇所がグレーになっています。

 

クライアントさんから「ピンク系のアクセントを入れて欲しい」というリクエストがあったので、

撮影後に色温度を調整して、筆で絵を書く感じでピンク系のアクセントを入れたものです。

 

 

スタジオで撮る写真に色を付けたい時は

 

1−レンズの前のカラーフィルターを付けて撮る。

これは写真全体に色が付きます。

 

2−ストロボの前にカラーフィルターを付けて撮る。

ストロボ光があたってる箇所に色が付きます。

 

3−撮った写真に後から、ブラシツールなどを使って色を付けたい箇所だけに色を付ける。

色を付けたい箇所に色が付きます。

 

ざっくり言うと、この3つくらいの方法があります。

 

 

今回は、3の方法で色を付けたい箇所だけに付けました。

理由は、色の種類&濃さなどを調整できるからです。

 

 

あなたも、カラーパーパーなどを使用しないで

写真に色を付けたいな?

と思った時は1.2.3の方法がありますので

ぜひトライして見て下さい。

 

 

それでは、明日も1日

うカメラマンには来たる!!

 

ライティングは内側が銀のジャンボアンブレラ1灯、左後方からストロボ直

f5.6 ・使用レンズ24~70mm

写真全体を色温度調整で、少しだけブルーにしています。

 

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。

私たちはユーザーのデータを非公開にし、このサービスを可能にする第三者とユーザーのデータを共有するだけです。当社のプライバシーポリシーをお読みください。

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




 

 

★あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

そんなあなたの為に・・・

購入された人達が

「このDVDは、私が喉から手が出るぐらい欲しかった内容でした」と喜んでくれている

プロのライティングが簡単に学べるイラスト解説付きのDVDを制作しました

 

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

DVDを見てわからないことがあれば、タクマクニヒロがあなたからの質問に返答するという特典付きです。

 

DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のコンサルを受けた人達が

写真で収入が得るという夢が叶いました!

写真を撮ることが、楽しくてしょうがありません!

と喜んでくれている

マンツーマン・セッション
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

 

★撮影の仕事がありますので

毎月多くて4人しか対応できません、お急ぎの方はお許しください。

 

<タクマクニヒロのプロフィール>

カメラマンを目指して25歳で会社を辞め、専門学校に入学したにも拘らず2年目の授業料を支払うことができずに退学。
それ以降、試行錯誤しながら独学で30歳でプロカメラマンとしてデビュー。


仕事のジャンルは

雑誌(SPUR/装苑/LEE/CanCan/MOREなど79誌と週刊朝日/+act./ViVi/with/大人のおしゃれ手帖/ザ・テレビジョン/non-noなどの表紙)CDジャケット(aiko/矢沢永吉/Every Little Thing/TOKIO/今井美樹/織田裕二/水谷豊 その他)写真集、広告などでポートレートを中心の撮影をしています。

 

そして今はSNSで僕を見つけた一般の人からの依頼もあり、一般の人を雑誌のモデルのように撮るポートレートも撮らせてもらうようになりました、それがメチャメチャ楽しいです!