Category Archives: カメラマンの営業方法

営業活動が怖いのはみんな同じです。

By | 2016年12月6日

先日スタジオで働いているスタジオマンさん達と話す機会があったので

色んなことを聞き、色んな質門を受けました。

話したのは3人だったけど、その3人に共通していることがあったのです。

それは

1−営業することが怖い「自分の作品にダメ出しされるのがイヤ」

2−プロカメラマンとして仕事を始めると、作品が撮れなくなってしまうのがイヤ

まず、1に関して独学でプロを目指していた頃の僕の場合

師匠もいないし、仕事に繋がる人脈もない僕が

プロカメラマンとして食べていくには

「作品を作って営業する」という選択肢しか考えらませんでしたので

「営業することが怖い」という発想が生まれなかったのです。

しなかったら、食べていけないわけです(笑)

スタジオさん達に「なぜ、怖いのか?」を聞いたら

「自分の撮った写真を否定されるのが怖い」ということでした。

僕の場合、最初にブックを持って営業にいった出版社では

「よく、こんな写真持って来たね!」ともう、メチャメチャダメ出しされました。

でも、「ダメ出しされるのは当たり前」という気持ちで行ったので

「あ〜やっぱりか〜」と納得しました(笑)

じゃぁ、どうしてダメ出しさえるのがわかってて、営業に行ったのか?

それは、僕は師匠いないし、仕事に繋がる人脈もなかったので、

人脈作りにいったのです。

ブックを見てもらって、ダメ出しされながら

「ここの雑誌で使ってもらえるには、どんな作品を撮ったらいいか、ヒントでもいいですので教えて下さい」

と、素直に聞いたのです。

すると・・・

「じゃぁ言うけどね」と、まずはダメ出しのオンパレードでした。

そして、ダメ出しの最後に

「例えばね、こんな作品だったら君を使ってみようかと思うな」と

具体的にアドバイスをしてくれたのです。

最後にお礼を言って

「今日アドバイスをしていただいたことを参考にして、必ず作品を作ってきますから
その時は、また見てもらえますか?」と

次に会ってくれるようにお願いをしてきたのです(笑)

「どんな作品を作ればいいのか?」ということなどまったく知らなかった僕には

営業して、ダメ出しをしてもうことが怖いのではなくて

営業するということは、

自分がなぜダメなのか?を具体的にリサーチすること考えていたので

怖いとか、恥ずかしいとかは思いませんでした。

そんなこと言ってたら、本当に食べていけませんからね(笑)

カメラマンになろうと決心して、東京にでてきたのに

このままず〜とアルバイトだけなんか、絶対にイヤでしたから。

僕は独学で、教えてくれる師匠もいません、仕事を紹介してくれる人脈もありません

専門学校の先生も営業の経験がないので、教えてくれません。

だったら、カメラマンに仕事を依頼している人に

直接、今の自分は何が足りないのか?

どんな作品を作れば使ってくれるのか?ということを、聞いたほうが間違いないと思ったわけです(笑)

だから、「ダメ出しされるのは当たり前、問題はダメ出しされたあとに質門する内容」だと思って営業しました。

この時、作品を見てもらってダメ出しのオンパレードをしてくれた編集者には、

1年後にまた見てもらって、

そこでもダメ出しをもらって、3年目にやっとホメてもらいました(笑)

そこで、言われたのは

普通、1回来てこちらから連絡がなかったら諦めて来ないのに

3回も来たのは君が初めてだよ(笑)と笑われました。

その後、その雑誌を撮影をやらせてもらうようになってから1年後には、

メインのグラビアページを撮らせてもらうようになっていました。

表紙はまだでしたけどね(笑)

でも、その雑誌のグラビアページを撮るようになってからは、

営業しなくても、どんどん撮影のオファーが来るようになったのです。

「営業することが怖い」「作品にダメ出しされるのがイヤ」と言ってる人は

僕のように商業カメラマンではなくて、作家になればいいと思います。

だた、写真作家だけで食べていくのは、日本では至難の技です。

その理由は簡単です!!

あなたは、普通の人に比べると写真が好きですよね。

そんなあなたは、今までに、何枚のオリジナルプリントを購入しましたか?

それも、1枚、数十万円から数万円くらいのプリントを

写真が好きなあなたでも、それくらい買わないものなのです。

でも、商業カメラマンは

出版不況と言われてる今でも、書店に行けば数えきれない程の雑誌があります。

街には。ポスターやパンフレット、フェブにも多くの写真が使われています。

つまり、それだけカメラマンのあなたが食べていける需要があるということです。

でも「こんな写真を撮る私がここにいますよ!」と営業活動をしなければ

あなたのことを知ってもらえません。

SNSに写真を発表することも、その1つの手段です。

でも、一番、早いのは、あなたが「この仕事をしたい」と思ったクライアントさんのところに営業活動をすることなのです。

自分に撮影依頼をしてくれる人から、直接ダメ出ししてもらうということは

決して怖いことではないのです。

会った時に、その人(将来のクライアント)と繋がることができるのです。

こんなチャンス、逃す手はありません。

僕のワークショップの会員の中1人は、作品は普通だけど

プロフィールを気に入ってくれて、仕事をもらえました。

小さな仕事ですけど、それが次に繋がっています。

このプロフィール、僕のアドバイスで全面変更したのがヒットしたのです(笑)

みなさん、気がついていませんけど

プロフィールも作品の1つなんですよ。

僕が独学でカメラマンになってから今までに、作品を見てもらいに行った会社は
出版社、デザイン事務所、広告代理店、印刷会社、レコード会社、などなど大小合わせて、150社近くありました。

そこで色んな経験をして得た、撮影依頼がもらえる「コツ」を公開した

「仕事に繋がる効果的な営業方法」→DVD6は、営業活動が苦手なあなたのお役に立つと思います。

SNSのテクニックを駆使して撮影依頼が来たとしても、2回目からオファーがこなければ
悲しいものです。

僕はどんなにSNSが発達しても、結局は生身の人と人の関係が大切なのでは?と思っています。

2に関しては、続く・・・・

それでは、今日も1日、「笑う人には福来たる」で過ごしましょう。

121010-8

このブログへのコメント&質門などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

友達申請はこちらからどうぞ
⇩⇩

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で稼ぐ方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。