集客をしなくていい方法

By | 2019年1月6日

僕は毎年クリスマス時期に、クライアントさんにその年に撮った写真をA4サイズのブックにしてプレゼントしています。

 

もう20年近く継続しているので、毎年楽しみにしてくれているクライアントさんもいます。

 

実は昨年、初めて数人の一般の人のプロフィール写真を無料ではなく

 

ちゃんと撮影料をもらって撮影させてもらいました。

 

いつものクリスマスプレゼントをクライアントさん用に準備していた時に

 

「あっ、そうだ!この人達にもクリスマスプレゼントとしてプリントをプレゼントしよう!」と閃いたのです。

 

そこで、撮らせてもらった写真の中から3枚選んで

 

その写真をA4サイズにプリントして、僕のサインを入れてプレゼントすることにしたのです。

 

 

一般の人は、僕が撮った自分の写真を見るのは、ほぼ、スマホです。

 

だから、名刺くらいの大きさの自分の写真を見ている感じです。

 

 

ところがプリントはね、A4サイズでもハガキの4倍ありますから大きいのです。

 

 

そして、スマホやパソコンで見る写真と違って

肌のぬめり感があり、色に深みがあり

もちろん、肌のレタッチ、その他の編集作業もきちんとした完成品をプリントするので

 

もう、圧倒的に美しいのです!!

 

これに僕のサインをしてクリスマスに届くように送ったわけです。

 

 

ここまでは、出版社やデザイン事務所へのクリスマスプレゼントと同じです。

 

問題は、送ったあとの反応でした。

 

出版社やデザイン事務所の人達は「プレゼントありがとう」のメールをくれるのは

10人に1人くらいです。

信じられないと思うけど、本当です。

 

ほぼみんなスルーです(笑)

 

ところがですね・・・

 

 

同じプレゼントをした

 

一般のお客さまは

 

全員から

「サプライズプレゼントありがとうございます!!」

「超〜〜うれしいいです!!」

「額に入れて、家宝にします!」

「今まで、こんなサプライズプレゼントをしてくださったカメラマンさん1人もいませんでした、タクマさんのサービス精神に感動です!」

 

などなど全員が大喜びしてくれたのです。

 

法人の人達からは、ほぼスルーなので(笑)

 

僕もクリスマスプレゼントしてよかった〜と、プチサンタになった気分でした。

 

長々と書きましたけど

 

今日のブログのテーマは、ここからなんです。

 

 

実は、サプライズプレゼントをした全員からですね

 

「来年もぜひ撮って下さい」

「これからは、タクマさんにした頼みません」

「来年もクリスマスプレゼント欲しい〜」

 

と・・・お客さんの方から

「今年も撮影お願いします」という依頼がきたのです。

 

僕のように法人がクライアントさんではない

一般の人を撮られているカメラマンさん達は

 

集客のために、どこかに登録したり

SNSを駆使していろんなことをやっていますけど

 

今回の僕のように、喜んでもらえるサプライズプレゼントをしたり

1人1人を大切にする行動をすれば

 

その人達から、次の年の撮影継続依頼

 

そして、友人知人を紹介してくれるようになります。

 

これは「撮って出し」で仕事終了というカメラマンとは圧倒的に

 

撮られたお客さんの満足度の差が出るような気がします。

 

プリントしてそれをナイロンに入れて、折れないように台紙を入れて

郵送するのは手間がかかりますけど

 

年末のクリスマス時期に

お客さんが喜んでくれるメールを見ると

 

「今年もいい仕事をさせてもらったなぁ〜」と、とても心が満たされます。

 

あなたたが、集客に困っているのでしたら

 

まず、お客さんにメチャメチャ喜んでもらえる

このサプライズプレゼントしてみたらいかがですか?

 

という話でした。

 

 

今回の件が本当にうれしかったので

 

実は今年は、出版社やデザイン事務所など法人の撮影以外に、

一般の人のプロフィール写真を撮らせてもらうことにしました。

 

その中でも

 

あなたです。

 

あなたのようなカメラマンのプロフィール写真を撮ることにしました!!

 

カメラマンって人は素敵に撮れるけど、

自分で自分のプロフィールを素敵に撮れないでしょ(笑)

 

だから、今年は僕が

あなたのようなカメラマンのプロフィール写真を撮らせてもらいます!

 

女性カメラマンは「素敵〜!」「カワイイ〜!」「カッコイイ」って言てもらえるプロフィール写真を

 

男性カメラマンは「カッコイイ!!」「素敵!」「「この人に撮影して欲しい〜!って言ってもらえるプロフィール写真を

 

僕がいつも俳優さんや女優さんを撮ってる時の、本気の仕事モードで撮らせてもらいますよ。

 

 

カメラマンのみなさん!!

 

人の素敵な写真を撮るだけではなく

 

あなた自身の素敵な写真も撮られましょう!!

 

スタジオ・オープン・自然光の入るスタジオ、あなたのリクエストに答えて

僕が本気の仕事モードで撮らせてもらいますよ。

 

あなたは僕に撮られながら

僕の撮影風景を体験できるので楽しいですよ!

 

また、撮影後は僕の編集過程をあなたがわかるように添付します。

 

僕に撮られながら

ライティング・撮影風景・編集過程も勉強できるって最高でしょ!

 

今年はあなたのプロフィール写真を撮らせてもらえることを楽しみにしています。

 

もちろん、年末のクリスマスにはサプライズプレゼントを贈ります(笑)

まだ、撮影料など詳細は決めていません

このこのブログを書きながら閃いたことなので(笑)

撮影詳細が決まったら、またお知らせします。

「撮って欲しい!」っていう人がいたらこちらか、このブログのコメント欄に「撮って欲しい」って知らせて下さいね〜〜。

1人もいなかったら、この企画辞めますから(笑)

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

撮る人を笑顔にする声掛け+男性をかっこよく撮るライテイング DVD2

・クリップオンストロボ・ライティングDVD5

★写真で食べていきたいあなたを、写真で稼げるカメラマンにする
マンツーマン・ワークショップも
やっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから


14 thoughts on “集客をしなくていい方法

  1. 石井 ルミ子

    タクマさん こんばんわ✨

    素晴らしい企画!!!

    撮ってもらいたいです(^-^)

    わたしも
    タクマさんみたいな
    カメラマン 目指そう✨✨

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      石井さんへ
      了解です!
      楽しみにして下さい。

      Reply
    1. TAKUMA Post author

      マルコさんへ
      了解です!
      楽しみにして下さい。

      Reply
    1. TAKUMA Post author

      つじえいこさんへ
      了解です!
      楽しみにして下さい。

      Reply
  2. ますいしんいち

    タクマさんへ
    コツコツと日頃の積み重ねが身を結ぶ、ですね。笑門来福〜

    Reply
  3. ふうママ

    Facebookからこちらを拝見させていただき
    初めましてで、いきなりですが
    撮っていただきたく、コメントを失礼させていただきましたm(_ _)m!!

    Reply
  4. ひろ

    撮っていただきたいです!
    レッスンも気になっています。

    Reply
    1. Roco

      はじめまして。

      そんな私がいきなりですが、

      撮っていただきたいです!!

      Reply
  5. オカアヤコ

    こんにちは。

    撮って頂きたいです!!

    よろしくお願いします(*^^*)

    Reply
  6. えみち

    とても気になります!
    自分自身を撮ってもらう機会がないのでぜひ♡

    Reply
  7. ken

    TAKUMAさんの撮り方もみてみたいので撮ってもらってみたいです(^^)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください