「室内だからライティングをしなければダメ!」と思っていませんか?

By | 2019年3月15日

あなたは

室内で撮影をする時に

「室内だからライティングをしなければいけない」と思っていませんか?

 

「室内で撮影する時は、絶対にライティングをして撮らなければダメ!」ということはありません。

 

室内の撮影でも、あなたが

 

窓からいい光が入ってるな

室内の照明があかるいな

 

と感じた時は

その場の光で撮ればいいんです。

 

この写真は、会議室で撮ったのですが

 

窓からの光が部屋の中にいい感じに入っていたので、その光だけで撮りました。

 

適正露出で撮ると

 

部屋の中の床や壁がちゃんと見えてしまうので

 

iso感度を上げて、露出をオーバーにして撮りました。

 

露出をオーバーにすることで

 

モデルさん以外のもの(床、壁 窓)が、あまり気にならなくなります。

 

また、顔も柔らかい空気感の写真が撮れます。

 

 

ただ・・・

あなたがこの写真を見て

「これ、露出がオーバでしょ!」

 

「やっぱり、ライティングをしっかりして撮らなきゃ、いい写真は撮れない」

 

と思ったら

あなたに撮っては、その撮り方が正解なのです。

 

あくまで、僕の好みの撮り方ですので

 

僕の書いてることは気しないで

 

あなたの感性に自信を持って、写真を楽しんで下さい。

 

 

それでは、今日も1日

うカメラマンには来たる」で過ごしましょう!!

 

謎の「タク✕ましの笑カメ」も微妙〜によろしく😋

 

以前、+actで撮らせてもらった写真です。

 

★第2回タクマクニヒロ・ポートレート実践写真塾が4月から開催します。
詳細は→こちらから

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。

[subscribe2]

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




★1回の撮影でお客様から
「こ
れからはず〜とあなたに撮って欲しい」と言ってもらえる方法を教える
マンツーマン・ワークショップの

 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

 

 

★あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

 

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

 

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

 

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・実践ですぐ使える!効果的な「声掛け」DVD3

・クリップオンストロボ・ライティング DVD5

宅間國博のHPは→こちらから

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください