「カメラマンになってよかった〜」って思える瞬間ってどんな時?

By | 2019年4月25日

あなたは「カメラマンになってよかった〜」って思える瞬間ってどんな時ですか?

 

「カメラマンになってよかった〜」って思える瞬間は、それぞれ違うと思います。

 

 

ざっくり考えればこの3つかもしれません。

 

1−クライアント(お客さん)に喜んでもらったとき

2−同じクライアントさんから、また撮って下さいって依頼が来た時

3−撮影料が多かった時(笑)

 

1〜3は、一般の人を撮ってるカメラマンさんは共通していると思います。

 

僕のように俳優・アーティスト・アイドル・文化人などを撮るカメラマンはも1つあって

 

それが

 

4−自分の大好きな人が撮れる時です。

 

 

僕は落語が大好きです。

好きな師匠が数人います。

 

でも僕が好きな師匠のほとんどの方が天国で演じています(笑)

今活躍している落語家さんの中で大ファンの人がいて

 

先日、その師匠を撮らせてもらったのです。

 

撮影依頼が来た時から撮影日までがもう、

うれしいのなんの

当日は朝からウキウキしていました(笑)

 

志らく師匠を撮らせてもらってる時は

 

「カメラマンになってよかった〜」とつくづく思いましたね。

 

声掛けしながら、写真とは関係ないことも聞いたりして(笑)

めちゃ楽しかったです。

 

 

これがアイドル好きなカメラマンだったら

 

眼の前に、そのアイドルがいるわけですよ

 

そして、そのアイドルにあなたが指示「声掛け」してるわけです

声掛けを利用して、いろんなこと話してるわけです(笑)

 

楽しいでしょ。

 

僕にとっては、それと同じ感覚なのです。

 

掲載した写真がアイドルの写真じゃなくてごめんね〜〜(笑)

 

 

「カメラマンになってよかった〜〜」って思えた時は、

写真の女神に

「ありがとう〜〜!!」って、

心の中で叫びましょう(笑)

すると

また「ありがとう!!」って言いたくなる仕事に出会えますよ!!

 

 

 

それでは、今日も1日

うカメラマンには来たる!!

 

 

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。

[subscribe2]

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・実践ですぐ使える!効果的な「声掛け」DVD3

・クリップオンストロボ・ライティング DVD5

★写真で食べていきたいあなたを、写真で稼げるカメラマンにする
マンツーマン・ワークショップも
やっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください