光を均等に回すライティング。

By | 2021年5月26日

このライティングはスタジオ用語で「八百屋」と言います(笑)

 

本当に、スタジオで「八百屋作って」と言ったら、こんなセットを作ってくれます。

 

ストロボの数はカメラマンによってバラバラですけどね

 

今回はジャンボアンブレラを1灯だけです。

 

カメラマン側から、スタジオの奥の上の方に斜めに紗幕をセットします。

 

ちょうど、八百屋が野菜に日が当たらないように

お店の屋根から斜めに日差しをしてるような感じだから「八百屋」と呼ぶみたいです。

 

このライティングは、

 

柔らかい光を、被写体の上から下に均等に回したい時によく使います。

 

ストロボのカサにディヒューザーをして、それを紗幕越しに斜め上から被写体に当てるので、柔らかい光が全体に回るのです。

 

紗幕の斜め具合とストロボに位置を確認したら、手前の紗幕を下に垂らします。

 

白い紗幕のテントの中で撮ってる気分です(笑)

 

このセットの小型バージョンは、ビューティーの撮影でよく使われています。

 

マットな感じで撮りたい人にはオススメです。
 

 

それでは、今日も1日

Enjoy yourself !! Enjoy now!!

 

 

このブログをメールで購読する。

私たちはユーザーのデータを非公開にし、このサービスを可能にする第三者とユーザーのデータを共有するだけです。当社のプライバシーポリシーをお読みください。

 




僕のセッションを受けた人達が

写真で収入が得るという夢が叶いました!

写真を撮ることが、楽しくてしょうがありません!

と喜んでくれている

マンツーマン・セッションは
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

 

★撮影の仕事がありますので

毎月多くて4人しか対応できません、お急ぎの方はお許しください。

 

<カメラマン宅間國博>のプロフィール。

カメラマンを目指して25歳で会社を辞め、試行錯誤しながら独学で30歳でプロカメラマンとしてデビュー。

仕事のジャンルは

今までに雑誌(SPUR/装苑/LEE/CanCan/MOREなど89誌と週刊朝日/+act./ViVi/with/大人のおしゃれ手帖/ザ・テレビジョン/non-noなど58誌の表紙)CDジャケット(aiko/矢沢永吉/Every Little Thing/今井美樹/織田裕二/水谷豊 その他)写真集、広告などでポートレートを中心の撮影をしています。

今はSNSで僕を見つけた一般の人からの依頼もあり、一般の人のポートレートも撮らせてもらっています。

宅間國博のHPはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください