カメラマンが遠慮してはダメ〜。

By | 2017年3月6日

Q:撮影場所がご自宅だったので、テーブルや椅子の配置を変えてもらったり
座るところなど、僕が指示するのは気が引けてできませんでした。
こういった時は、撮影のためにはお願いするべきなのでしょうか?
宅間さんなら、こういった場合どうしますか?

A:僕の返答です。

「はい」お願いすべきです。

僕は、被写体がご家族でも、タレントさんでも、社長さんでも

場所が、ご自宅でも、ホテルでも、社長の応接間でも

「変えた方がいいな!」と思ったら

迷うことなく、テーブルや椅子の配置を変えて

座ったり、立ってもらう場所を指示します。

カメラマンのあなたが

「本当は、配置を変えた方がいいんだけどな〜」

「でも、申し訳ないなぁ〜」なんて気を使って

いい写真が撮れなかったら・・・

その責任は、カメラマンのあなたなのです。

撮影した後に、クライアントさんに

「本当は、椅子の配置を変えた方がいいと思ったんだけど」

みたいなことを言ったら

間違いなく

じゃぁ「配置を変えてもらったらよかったのに」と言います。

あなたに撮影を依頼したクライアントさんは

あなたにいい写真を撮って欲しくて

あなたに撮影を依頼したのです。

 

だから、あなたは、あたなが思う「いい写真を撮らなければダメなのです」

いい写真を撮りたいのでしたら

遠慮したらダメなのです。

クライアントさんは、撮影を依頼した時点で、

あなたを全面的に信頼しているわけなんですよ。

だから、あなたが

「配置を変えた方がいい写真が撮れますので、椅子の配置変えますね」とか

「座る場所はこちらにしてください」

と指示したら

「はい」の1つ返事でOKしてくれます。

なぜなら、何度も言いますけど(笑)

クライアントさんは、あなたのことを

「⚪︎⚪︎さんは、いい写真を撮ってくれるカメラマンさん」

だと信頼してくれているからです。

ただ・・・

テーブルや椅子の配置を変えたり、

座ってもらったり、立ってもらう場所を指示する時は

あくまで、下から目線ですよ(笑)

命令調はNGです。

「いい写真が撮れますから」という魔法の言葉で(笑)

間違いなく、撮影はスムーズに進みます。

これからはインスピレーションを大切にしてください。

あなたが撮影現場で「こうした方がいいかなぁ〜」と感じた時って・・

写真の女神が、あなたに教えてくれているんですよ。

まぁ、これは、

僕が勝手に思ってることなのでスルーしてください(笑)

それでは、今日も1日「笑う人には福来たる」の気分で!!

このブログへのコメント&質門などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

友達申請はこちらからどうぞ
⇩⇩

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


2 thoughts on “カメラマンが遠慮してはダメ〜。

  1. ますいしんいち

    タクマさんへ
    魔法の言葉ありがとうございます。「笑門来福〜」

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      ますいさんへ
      今日も1日、笑う人には福来たる〜で、いい仕事しましょう!
      お客さんを笑顔にするカメラマンには福来たる!ということで

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。