失敗を成功に変える

By | 2018年4月4日

初めてのクライアントさんの仕事で、山下智久さんを撮影させてもらった印刷物が届きました。

表紙と最初の2ページは春らしい写真に仕上がり

続く4ページは「タクマブルー」の山下さんになっています。

 

クライアントさんからも

「タクマさんが人物をタクマブルーで撮ったらこんなテイストになるんだ」と喜んでもらったのでホットしてます。

 

初めてのクライアントさんの仕事は、今でもドキドキします(笑)

 

実はこの冊子の中のコーナーで、僕が山下さんに写真の撮り方を教えたのですが

 

山下さんの撮った写真が上手くてびっくりしました!!

 

画面構成がメチャメチャ上手いのです。

 

持って生まれた感性としか思えないですね。

 

Lightroomなどで編集をマスターしたら「プロ級の腕になる」と思いました。

 

実は、彼が僕に教わっている場面の写真を、僕のアシスタント君が撮ったのです。

 

アシスタント君はこの撮影のあと

自分が撮った写真を見て

 

「私の写真はダメだ〜!」って

メチャメチャ落ち込んでいました。

 

アシスタント君は、なぜ落ち込んだのか?
それは、誰でもそうなんだけど
初めての仕事で撮った写真に100点満点など付けられないのです。
ここで100点満点付けられる人は、天才ですね。

普通は、自分の欠点しか見えません

それも、欠点だらけに見えるものです。

 

そして
こんな写真、あんな写真も撮ればよかった

あのレンズを使えばよかった

 

もっと違う構図で撮ればよかった

などなど
もっとこうしていればよかった〜〜

ということばかりが頭の中を過ります。

 

でもね

 

それがいいんですよ!!
一番最初の仕事で
 
「もっと、こうすればよかった〜」
 
と思ったことを、すべて書きだすのです。

そして

次はどうすればいいのか?

という改善点をみつけて
 
それをどうすればいいのか?

を、すべて書き出すのです。

 

すべての中には、撮り方以外に
メンタル面も入れます。
 
そして
「次は絶対にこうしよう」って、気がついたことを

今後の仕事をする前に必ず見て

 

「これだけは絶対にやる!」と

 

確認するようにすればいいのです。

 

 

失敗をしたことを悔やんでもなんにもなりません

 
それより
改善する点に気がつけば
 
今の失敗は、次の成功に繋がります。

最初は「私はまだまだダメだ〜」と落ち込んでいたアシスタント君は

自分が撮った写真が印刷物になっただけでもうれしいのに

被写体が山下さんですから、メチャメチャ喜んでいました(笑)

 

そして

今回の経験で気がついた修正点をすべて書き出していました。

 

このノートは、アシスタント君が「カメラマンへの道」を歩む時の

成功の元になります。

 

本当は僕が撮った山下さんのページをお見せしたいのですが
諸々の事情で掲載せきませんので、ご理解してくださいね。
それでは、明日も1日
愚痴をこぼさず
すべてのことを前向きに考え
今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう〜〜!!




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの2つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・クリップオンストロボ・ライティングDVD5

 

★プロカメラマンの「営業方法を知りたい!」という人は

・仕事に繋がる効果的な営業方法 DVD6
がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、プロが絶対に教えたくない営業ノウハウのすべてを

独学のあなたでもできるように、具体的に教えています。

★自分にあった「写真で食べていく方法を知りたい!」

という人のために

マンツーマンセッションをやっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから

クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。