Daily Archives: 2018年5月9日

タクマクニヒロと一緒に写真展をやりませんか!!

By | 2018年5月9日

今年初めに「タクマクニヒロと一緒に写真展をやりませんか!!」というお知らせしてから、気がついたら、もう締切まで2ヶ月半になりました。

写真撮ってますか?

 

写真展の日程ー10月31日(水)〜11月4日(日)の5日間

場所ー東京の表参道にあるピクトリコのギャラリー

写真の募集締切ー7月31日

・募集人数ー20名

・写真の比率ー1:1か2:3のどちらでも大丈夫です。

会費ー無料ではありません、7月上旬までお知らせします。

・写真展のテーマは「ほんの少し視点を変えれば、街中が美術館になる!」です。

★応募方法の詳細は7月になったら、このブログでお知らせします。

 

応募された写真をなんでも展示すると写真展の中身がバラバラになりますので

動物、植物、風景写真、小物などの写真は対象外にさせてもらいます。

かといって

僕が撮ってるペンキの写真じゃなければダメということではありません(笑)

 

あなたが

街の中を歩いていて

 

光と影がおもしろい!

構図や形がおもしろい!!

色のバランスがおもしろい!

などなど

 

あなたが

「ほんの少し視点を変えれば街中が美術館になる!!」

と思った写真でしたらOKです。

 

人物が写っていても、それが写真の一部分になっていれば大丈夫ですよ。

 

締め切りまで2ヶ月半になりましたので、僕と一緒に写真展をやりたい人は

今からこのテーマの写真を撮り初めて下さいね!

 

 

<写真展までの流れ>

応募方法の詳細を7月になったら、このブログでお知らせします。

−7月31日までに、写真の軽いデーターを送って下さい(1人3点まで)

−応募写真を僕が選考します。

写真評論家とか有名写真家とか雑誌の編集長といった、写真を審査する委員はいません。
僕が独断と偏見で審査します(笑)

−審査に受かった人には、大きなデーターを送ってもらいます(写真の題は後日で大丈夫です)

−写真は僕が責任を持ってプリントします。

理由は、このギャラリーで写真展をするにはピクトリコのペーパーを使用することが条件なのです。

プリントサイズはA3ノビです。

写真の比率は、1:1か2:3のどちらでも大丈夫です。

プリントがA3ノビなので1:1の比率だと2:3の写真よりは小さく見えてしまうので1:1の人はその点をご了承下さい。

−額装は、昨年僕がスパイラルで開催した写真展の時にお願いしたフレームマンさんに特注します。

特注の額なので、写真展のあとは額装された写真をあなたの部屋に飾りたくなりますよ!

−開催日は写真を一緒に展示するみなさんと、楽しいレセプションパーティをします。

10−会期中は、写真展を観に来てくれた人達に気に入った写真に「いいね」をしてもらいます。

11−最終日、写真展を見に来てくれた人の「いいね」が、多い順に

第一回「ほんの少し視点を変えれば、街中が美術館になる!」写真賞という、長〜い名前の写真賞のグラプリと準グランプリを各1名決定します。

みんなに自慢して下さい(笑)

 

★賞は審査員が決めるのではなくて、

実際に写真展に来て、写真を見てくれた人の「いいね」で決めるということです。

もちろん、僕の写真は対象外です。

 

だから

「タイトルがいい」とか「プレゼンが上手かった」なんてことでは決まりません。

 

写真のテクニカルなことを知ってる知らないに関係なく、

純粋に

写真展に足を運んでくてくれた人が

あなたの写真を見て「いいね」と感じたかどうか?で決まる賞です。

審査は、参加したあなたにもしてもらいますよ。

 

第一回「ほんの少し視点を変えれば、街中が美術館になる!」写真賞と書いていますけど、2回目があるかどうかはわかりません(笑)

だから、グランプリ・準グランプリを受賞した人は価値ありますよ!

 

12−賞の発表後、参加者で楽しい打ち上げ〜〜!!

という流れです。

 

参加された人達との交流をおもいっきり深めて下さい。

 

★会費は、プリント代、額装代、搬入搬出代などなどの経費が掛かるので無料ではありません。

7月上旬までに額装、プリント、搬入など諸々の経費がわかったらお知らせします。

普通の一般参加の写真展は、当事者がプリントして、額装して、搬入、搬出までするというパターンが多いと思います。

 

この写真展はあなたは

写真のデーターを僕に送るだけでいいのです。

 

あとは開催日に会場に来て、他の参加者の写真と一緒に展示されたあなたの写真を見て

「凄い!!」「素敵!!」って感動して下さい。

 

会期中、在廊するしないはあなたの自由です。

 

もし、タクマクニヒロと一緒に写真展をやりたい!!

と思った人は今から

 

「ほんの少し視点を変えれば、街中が美術館になる!」

というテーマの写真を撮って下さいね〜〜〜〜!!

 

ペンキの写真じゃなくていいですよ!!

 

あなたが

「ほんの少し視点を変えれば、街中が美術館になる!」

と感じた写真OKです。

 

★そうそう、このテーマは写真展のタイトルにしては長いので(笑)

このニュアンスが伝わる、何かいいタイトルがあったら考えてくれませんか?

というわけで

 

★写真展のタイトルを募集しています★

 

日本語、英語、なんでもOKです。

採用させてもらった人には、

僕が写真展に展示する写真の中からあなたが好きな写真をプレゼントします。

もちろん、額装した状態でサイン入りです!!

 

いいタイトルが思いついた人は

こちら→タイトル募集までお願いします。

 

それでは、今年の10月31日に、あなたと一緒に写真展ができるのを楽しみにしています!!

 




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの2つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・クリップオンストロボ・ライティングDVD5

 

★プロカメラマンの「営業方法を知りたい!」という人は

 

・仕事に繋がる効果的な営業方法 DVD6
がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、プロが絶対に教えたくない営業ノウハウのすべてを

独学のあなたでもできるように、具体的に教えています。

★自分にあった「写真で食べていく方法を知りたい!」

という人のために

マンツーマンセッションをやっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから

クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。