Daily Archives: 2019年4月3日

露出計は必要?

By | 2019年4月3日

露出計は必要ですか?と質問されました。

 

答えは「はい」と「いいえ」です(笑)

あくまで僕の場合です。

 

 

「はい」の理由

 

僕のようにスタジオで大型ストロボを使って撮影する人は

 

ストロボの露出を計るために使った方が便利です。

 

 

「いいね」の理由

 

理由その1−僕の場合、外で撮影する時は絞り優先オートで1〜2カット撮って、明るさがOKだと思った時はそのまま撮ります。

最初の1〜2カットをオートで撮って、明るかったり暗かったりした時は、

明るさを+か−に調整して撮ります。

 

太陽が雲に入ったり、出たりしても、そのままオートで撮っています。

 

理由はその方が、撮影を途中で止めなくていいので

撮影が速くなるからです。

 

またミラーレスはファインダー内で明るさを確認しながら

その都度調整すればいいので、露出計は必要ないと思います。

 

 

僕はモニターを見て80%くら明るさが合ってたら多少「暗いな」とか「明るいな」と感じてもその撮ります。

 

理由は、撮影時間の速さを優先しているからです。

 

そして、撮影後に編集で調整します。

 

なぜ、速さを優先するかというとですね

 

僕の被写体の80%は有名人なので、もらえる撮影時間そのものが短いのです

なので撮影前にもたもたしてたり、撮影時間が長いと

本人やスタッフに、いや〜な顔されるのです(笑)

あと、有名人はいつも撮られてるので、せっかちです(笑)

これ本当です。

 

ただCDジャケット・ポスター撮影などは、そのために撮影時間をもらえるので

カメラマンのペースで撮れます。

 

 

理由その2ークリップオンストロボを使用する時は

クリップオンをTTL設定にして撮るので露出計は使っていません。

 

 

スタジオや室内で大型ストロボ、モノブロックなどを使って撮影する人は

露出計で必要な露出を決められるので、露出計を持ってた方がいいと思います。

 

 

今日書いたのは、あくまで僕個人の考え方なので、

「いや、私はどこでも露出計は必要だと思っています」という人は、

あなたの考え方が正解なのですよ。

写真は
あなたが「私は〜〜な撮り方がいい」が正解なのです。

それがあなたの個性になりますから!

 

 

それでは、今日も1日

うカメラマンには来たる!

 

謎の「タク✕ましの笑カメ」もよろしくね😋

 

こういう室内の撮影は、露出計は使わずに絞り優先でオートで撮ってます。

動いてもらった時に、光が変わってもオートで撮っています。

「それでもプロカメラマン?」って言われそうですけど

僕の場合、撮影の速さ優先なので(笑)

 

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




 

あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」「プロの声掛け」を知りたいと思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

 

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのライティングで撮れるようになれます。

また、声掛けのコツ」させ知れば、どんな人でもあなたが望む表情の写真が撮れるようになります。

 

今年制作した実践ですぐ使える!効果的な「声掛け」は大好評です!!

 

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・実践ですぐ使える!効果的な「声掛け」DVD3

・クリップオンストロボ・ライティング DVD5

 

★タクマクニヒロが、1回の撮影でお客様から
「こ
れからはず〜とあなたに撮って欲しい」と言ってもらえる方法を教える
マンツーマン・ワークショップ

 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

 

宅間國博のHPは→こちらから