プロカメラマンになるのに年齢は関係ない。

By | 2014年10月9日

*はじめまして。
もっと早くにこのブログを読んでいればよかったと思います。
私は最近営業写真の会社をやめ、カメラマンアシスタントになりました。
そこで、私がいかに写真についてもライティングについても無知であるか思い知りました。
今まではそんなこと知らなくても撮影して問題なかった、つまりその程度の写真しか撮っていなかったのです。
今は写真の基礎の基礎からやり直しています。
劣等感などから自分が写真が好きと言っていいのかすらためらうなか、このブログを読みました。
そして、知らないということがわかってよかった、表現の幅が広がるもしれないんだと思えるようになりました。
まだまだ、カメラマンに迷惑しかかけてないし、辛いと思うことの方が多いです。
でもその中で、撮りたい対象が増えてきていることがうれしいです。
随分遅いスタートになったような気がしますし、これからどうなるかわかりませんが、ちゃんとプロとして自信を持ってお金をいただけるようになりたいです。
そんな気持ちを持てるひとつのきっかけをいただけたことに感謝しています。
素敵なブログをありがとうございます。

*Nさんへ、コメントありがとうございます。

おめでとうございます!!

いきなり「おめでとう」と言われても、何がおめでとうかわからないでしょ(笑)

「知らないということがわかってよかった」と書いていますけど、それが一番大切なことなのです。

「今の自分がプロになる為には何を学ばなければいけないのか?」ということに気がついた人は、上達するのがメチャメチャ早いです。

また、今アシスタントに就いているカメラマンさんに迷惑をかけていることで落ち込むことはありません。

誰でも最初は、何をどうしていいか分からないのが当たり前です。

みんな落ち込みます(笑)

何もできないアシスタントにカメラマンがイライラすのは当たり前です(笑)

全国のアシスタントをやってる人は、みんな今のあなたと同じ道を歩んでいるのです。

落ち込んでるのは、あなただけではありません。

大切なことは「同じミスをしない為に何をすればいいのか?」ということを徹底的に考えて、実効することなのです。

1日の終わりに「私はなんてダメなんだ!」と自分を責める時間があったら、

その時間を「同じミスをしない為に何をすればいいのか?」「カメラマンに迷惑を掛けない為には、何をすればいいのか?」ということを考えて、頭に浮かんだことを速やかに行動に移せばいいだけです。

反省して自分を責めるだけでは、前にはススメませんし、

心が壊れて体を壊します。

プロになるのに、遅いスタートということは心配することはありません。

僕のワークショップに参加した人で、40代後半で会社を辞めてプロカメラマンとして今現在活躍している人がいます。

あなたが作家を目指すのでしたら、人が感動する作品を撮れるかどうか?です。

僕のような商業カメラマンを目指しているのでしたら、クライアントさんが望む写真が撮れるかどうか?です。

年齢とか、有名なカメラマンのアシスタントに就いていたということは関係ありません。

これからのあなたへの僕からのアドバイスは、

以前いた会社の人達、学生時代からの友人、そして、今就いているカメラマンさんとの人間関係を大切にして下さい。

出会う人達との人間関係を大切にした人は、それがお金以上の財産になります。

どんな財産になるか?

それは・・

あなたが、カメラマンとしてスタートした時から・・・

じわじわと感じてきますから(笑)

それでは、今日も1日、今のあなたがやるべきことにベストを尽くしましょう!!

0902104.jpg

*このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?

プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

☆☆「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。


3 thoughts on “プロカメラマンになるのに年齢は関係ない。

  1. ますいしんいち

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    タクマさんへ、誰でも最初は初心者マークがついてます。外れた頃が用心ですよね。

    Reply
  2. タクマクニヒロです

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    *ますいさんへ
    その通りです、
    僕は初心者マークが外れた頃に失敗しましたから(笑)

    Reply
  3. ねんね

    SECRET: 0
    PASS: 8944f041e9394d0846e709503b781663
    コメントを連投してしまいましてすみません。
    自分が初心者に近いくらいというのは自覚しており、その事で怒られるのは自分の不甲斐なさではありますが、一番辛いのはカメラマンの指示が解らないことなど意思疎通が難しい事です。
    タクマさんはそういう苦労はありましたか?

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください