1つの被写体に対して、何回シャッター押しますか?

By | 2016年3月26日

1つの被写体に対して、宅間さんは、何回シャッター押しますか?

という質問メールが届きました。

質問された方の悩みは、

いつも同じような写真しか撮れないので

「シャッター押す回数を増やせばいい」と思い

それまでは、1つの被写体に、数回しかシャッターを押していなかったのを

意識して、最低でも20回は押すようにしてるんですけど、

やっぱり、同じ写真が並んでるだけにしか見えない、ということらしいです。

Aさんの悩みはよくわかります。

僕も写真を撮り始めた頃はそうでした。

同じ被写体を撮る時に、

写真のバリエーションを増やすにはどうすればいいのか?

シャッター押す回数を増やせばいいんでしょ!

たしかに、シャッター押す回数を増やせば、2〜3回押しただけの写真に比べたら

写真の枚数は増えます。

でも、こんなことをしてても

例え100回シャッター押しても、

ほぼ同じような写真を撮ってるだけで

悩みの解決にはなりません。

まぁ、偶然いい写真が撮れる場合もありますけどね。

大切なのは・・・

なぜ、同じような写真しか撮れないのか?

ということです。

実は、シャッター押す回数より、もっと大切なことがあります。

それは、

「あなたがどんな写真を撮りたいのか?」 ということを

「あなた自身が知ってるか?どうか?」なのです。

僕の場合、

目の前の被写体(風景とか人)を見た瞬間に

「こんな写真が撮りたい」という絵が浮かんできます。

だから、ファインダーを覗いた時は、

頭の中に浮かんだ絵を

カメラで描いているという感覚なのです。

「なんだ、それ?」と思った人、ごめんなさい(笑)

本当だから、こう言うしかないんですよ。

そして、シャッター押しながら

「こんな構図もいいかも?」と、どんどんイメージが浮かんでくるので、

それに沿って撮っています。

だから、信じられないかもしれませんけど

写真を撮る時は、シャッター押した回数ではなくて

「はい、撮れた!」という感覚で撮影終了です(笑)

でも、あまりにも素敵な被写体に出会った時は

頭の中にどんどん絵が浮かんでくるので

何回もシャッター押してる時があります。

だから、僕の場合

写真のバリエーションを増やす方法は

シャッター押す回数ではなくて

頭の中に「こんな写真を撮りたい」というイメージが浮かんでくるか?どうか?

なのです。

長々と書きましたけど(笑)

写真を始めた頃

同じような絵柄しか撮れなかった僕がどうして

色んなバリエーションの写真が撮れるようになったのか? というとですね

自分はどんな写真を撮りたいのか?

ということを自分自身が知ったからなのです

どうやって知ったのか?

それは、本当に簡単なのです。

僕がやったのは、雑誌や写真集などで

「こんな写真撮りたい」

「この写真いいな〜」と、感じた写真を、

写真をみながら

「自分はこの写真のどこが好きなんだろう?」

と、細かく分析したのです。

それをやり始めてから、気が付いたら

「自分は、こんな写真が好きなんだ」

「こんな写真が撮りたいんだ」ということが

明確になったのです。

つまり、

自分はどんな写真を撮りたいのか?

ということを自分自身が知ったのです

おかげで、写真を撮る時に

「おっ、ここであの感じの写真を撮ろう」とか

「あんな写真が撮れそう」というイメージが頭の中に浮かぶようになったのです。

質問された方への僕の答えは、シャッター押す回数より

あなたがどんな写真が好きなのか?ということを

あなた自身が知ることです。

今は、ネットでも多くの写真を見ることができますので

きょうのブログを読んで

「あっ、その方法おもしろそう」 と思った人は、1度トライしてみてください。

逆に・・・・

「タクマさん、それって人が撮った写真のマネろってことじゃない?」と思った人は、スルーして下さい。

いつも言ってますけど

僕は写真が上手くなる方法に

数学のように「これが絶対に正しい」という答えはないと思っています。

あなたが、「自分はこの方法がいい」と思った方法が、

あなたにとってはベストな方法なのです。

・・・・と思っています。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

_MG_1748

何か聞きたいことがある人は、どのような些細なことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄からして下さい。
このブログへのコメントは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。

[subscribe2]

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

友達申請はこちらからどうぞ
⇩⇩

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1→紹介動画

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5→紹介動画

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4→紹介動画

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンになりたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」

という人が「こんなに役に立つワークショップ初めてです!」と喜んでくれる、マンツーマンワークショップに関しては
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


One thought on “1つの被写体に対して、何回シャッター押しますか?

  1. ますいしんいち

    タクマさんへ、
    まだいける、まだいける、とついつい突っ込みすぎるのがボクのわるいくせです。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください