プロは1眼レフを持たなければダメ?

By | 2016年5月11日

Q:現在⚪︎⚪︎のミラーレス ⚪︎⚪︎を使用しています。
自分ではとても気に入っているカメラシステムなのですが、
色々調べていると、プロカメラマン=一眼レフのイメージが強いみたいです。
実力の業界だとは思いますが、
クライアントに安心感を持ってもらうため、一眼レフを使ったほうがいいのでしょうか。

A:僕なりの返答です。

プロカメラマンと言っても、その仕事は色んな種類がありますので

すべてのプロは1眼レフを使わなければダメ!

という規則はありません。

あなたが気にしなければいけないのは

「プロは1眼レフを持たなければいけない」ということではなくて

あなたに撮影を依頼してくれる、

クライアント(お客さん)が望む写真が撮れるか?どうか?の1点です。

もし、今使ってるミラーレスカメラで

「クライアントさんが望む写真が撮れる」という自信があるのでしたら

そのカメラでいいのです。

例えば、あなたがクライアントさんだとしましょう。

2人のカメラマンを知っていて

1人は、ミラーレスであなたが欲しい写真、もしくはそれ以上のものを撮ってくれました。

もう1人は、すごい1眼レフを持ってる人ですけど、そこそこの写真しか撮っててくれませんでした。

あなたは次回からは、どちらのカメラマンに撮影を依頼しますか?

答えは明確ですよね。

クライアントさんは、

カメラマンが持ってるカメラや機材、乗ってる車などで判断して撮影を依頼したりしません。

まぁ、クライアントさんが女性の場合はイケメンの男性カメラマンは強いですけどね(笑)

話が逸れましたけど・・・

クライアントさんが、カメラマンに望むことの中で

一番大きな要点は

「自分が撮って欲しい写真を撮ってくれるカメラマン」 この1点なのです。

何度もいいますけど

カメラマンが持ってるカメラや機材、乗ってる車などを見て撮影を依頼したりしませんので

安心してください。

あなたが今使っているカメラが使いやすくて

そして、クライアントさんが望む写真が撮れるのでしたら、

今使ってるカメラでいいのです。

そして、大きな印刷物にするから大きく引き伸ばせる画素数の大きなカメラが必要

という仕事の時は、その仕事ができるカメラを使えばいいだけです。

そうそう、カメラが趣味のクライアントさんは

あなたが持ってるカメラの機種などいろいろ聞いてきますよ(笑)

でも、その時も

私はこのカメラの特性が気に入ってるので、いつもこのカメラで撮っています。

と、堂々と言えば大丈夫です。

それでは、今日も1日、今の自分のやるべきことにベストを尽くしましょう。

「今のあなたの想いが、未来のあなたを創っている」ということを忘れずにね!

カメラマン宅間國博のアシスタントを募集しています。

詳細は→こちらをご覧下さい。

10080420_20120726155615-1

コメントいただけると嬉しいです。
どんなことでも結構です。あなたのコメントが本当に励みになります。

何か聞きたいことがある人は、どのような些細なことでも大丈夫ですので、遠慮しないでコメント欄から質問して下さい。

このブログへのコメントは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。

[subscribe2]

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

友達申請はこちらからどうぞ
⇩⇩

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1→紹介動画

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5→紹介動画

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4→紹介動画

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンになりたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」

という人が「こんなに役に立つワークショップ初めてです!」と喜んでくれる、マンツーマンワークショップに関しては
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


2 thoughts on “プロは1眼レフを持たなければダメ?

  1. ますいしんいち

    タクマさんへ、
    そうですね、「クライアントさんが望む写真を撮影出来る」
    それが、一番の決め手ですよね。
    最近のブライダルスナップは見目麗しい女性カメラマンが人気らしいですけどね。ボクは不合格です(笑

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      ますいさんへ
      ブライダルは、女性のカメラマンさんが増えましたね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください