定常光ライト、常識外れの使い方。

By | 2017年10月20日

スタジオで撮影する時に使用するライトの種類は

大きく分けて、ストロボ光と定常光あります。

定常光の中でも、HMI・プリモ・蛍光灯・LEDなど、数種類があります。

 

先日、スタジオで定常光ライトを使用して撮影したのですが

僕は、常識ハズレの使い方をしたのです。

 

普通、定常光を2台以上使用する時は色温度を合わせるために

同じ種類のライトを使います。

 

ところが、先日の撮影で僕は、HMIとプリモを混合で使ったのです。

 

HMIライトは色温度で言うと、昼間の太陽光で撮ったように人物の肌色が普通に写ります。

でも、プリモはタングステンライトと言って、ライトの光がオレンジ色です。

だから、人物の肌色も夕焼け時の太陽光で撮ったようなオレンジにカブります。

 

僕は、先日の撮影でその2種類の色温度の違うライトを一緒に使ったのです。

人物の顔や体に当たるメインライトにHHMライトを使い。

モデルの後方右斜から、プリモライトをモデルの後頭部の髪の毛と背中に当たるようにしてセットしました。

 

スタジオさんは、僕が2種類のライトの色温度のことを分かっていないのかと思って心配して

「あの〜宅間さん、HMIとプリモの色温度違いますよ」と指摘してくれました。

僕は、「ありがとう、大丈夫だよ、今日は試したいんだよ(笑)」と返事をし

撮影開始。

なんと、本番の撮影で

今まで1度もやったことのないライティングで撮ったわけです(笑)

なぜ、そんなことができか?というと

 

今は、ミニターで見れるので

 

この日撮らせてもらうモデルさんがメイクをしている間に、モニターでどんな感じになるのかモニターでテストしたのです。

 

そこで、「これいいな!」と確信できたので、本番で使ったわけです。

 

今回のように

色温度がおもいっきり違う2種類の定常光ライトを使用したら

どんな写真になるのか?とうとですね

まだ、印刷物になっていないのでその写真はここに掲載できないので

申し訳ないのですが、文章で説明します。

簡単なので、あなたの頭の中で想像してみて下さい。

 

まずメインの
HMIライトが当たっている、体の正面と顔は普通の色です。

そして
タングステンのプリモライトが当たってる、背中や頭の後頭部と髪の毛は夕日に照らされたような、柔らかいオレンジ色なのです。

 

このライティング

写真に色の奥行きと深みがでて、よかったですよ。

もし、あなたが定常光を使用する時があったら

1度、2種類のライトをトライしてみて下さい。

 

写真に「〜〜してはダメ!」はありません。

 

常識ではないことが、ひらめいたら

どんどんトライして下さい。

 

そこから、あなたしか撮れないオンリーワンの写真が生まれますよ。

 

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

 

この写真は、今日説明した2種類のライトで撮影した写真ではないのですが

この写真で例えるなら、被写体の背中の後ろ側、後ろから光が当たってる髪の毛、顔の向こうから漏れてる光などがオレンジ色になると想像して下さい。




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て

「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
↓ ↓
「プロのスタジオライティングが学べる」DVD1

「男性ポートレイト・ライティングが学べる」DVD2

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる」DVD5

★★★★

「仕事に繋がる効果的な営業ノウハウが学べる」DVD6

DVD6は、僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。
地方カメラマンで集客に悩んでいる方にも役に立つ内容です。
↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いです。

その理由は僕のDVDを購入した人には、

僕に無期限に質門ができるという付録が付いているのです(笑)

DVDを見てわからなかったことがあったり

仕事で知りたいライティングなどがあれば

どんなに些細なことでも僕に質門してくれれば、必ず返答します。

購入してからの期日など関係なく、

「明日撮影があるんです、このライティングでいいでしょうか?」という

急な質門メールにも速やかにアドバイスしています。

これには、みなさん「本当に宅間さんから返答があるとは思いませんでした」と驚いています。

DVDを購入した人には、僕が付録についていますので

いつでも質問できる付録を遠慮なく活用して下さい(笑)

遠慮することはありませんよ。

なぜ、こんなことをしているのか?

それは、プロに聞いても何も教えてくれなくて困っていた僕と同じように
独学で「カメラマンへの道」を歩んでいる、あなたのお役に立ててることが実感できるのでうれしいのです。

また、DVDをご覧になって「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★★★★★★★★★★★★★★

「写真で食べていきたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人のために

学校では教えてくれない
「写真で食べていく方法」を学べるワークショップに興味がある人は
↓  ↓
こちらをご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


2 thoughts on “定常光ライト、常識外れの使い方。

  1. ますいしんいち

    タクマさんへ、
    日常はミックス光源の中で生活してますものね。きっといい写真が撮れていると思います。
    !!笑門来福!!

    Reply
    1. TAKUMA Post author

      ますいさんへ
      そうか!!日常はミックス光源ですね。
      今、言われて気が付きました(笑)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.