写真で食べていく方法パート2

By | 2018年4月20日

写真で食べていく方法2回目は、ポートレートカメラマンです。

ポートレートカメラマンというのは、人物を中心に撮っているカメラマンのことです。

 

今日書くのはクライアント(お客さん)が、出版社・広告代理店・デザイン事務所などで

雑誌・CDジャケット・写真集・カレンダーなどで、人物撮影をしているカメラマンのことです。

 

「私は一般の人をお客さんにしたいです」というあなたの、写真で食べていく方法は後日書きますので安心して下さい。

 

雑誌・CDジャケット・写真集・カレンダーで人物を撮るカメラマンになるには

ざっくり分けると4つの方法があります。

 

1−独学で写真を学んで作品をまとめる

2−写真教室・専門学校などで写真を学んで作品をまとめる

3−スタジオマンになって作品をまとめる

4−プロカメラマンのアシスタントになって作品をまとめる

 

この1〜4のどれかの方法で写真を学び

あなたいうカメラマンのテイストが伝わる作品を持って営業に行けばいいのです。

 

営業に行くとはいうのは

あなたというカメラマン・写真家を、クライアントさんに売り込みに行くという意味です。

 

まず最初は、出版社に営業するのが一番の早道です。

 

その理由は、雑誌に掲載されると

この業界の人の眼に止まるからです。

業界の人というのはですね

 

他の雑誌の編集者

雑誌、写真集・カレンダー・CDジャケットなどのデザインの仕事をしているデザイナーやアートディレクター

タレント・俳優・モデルさん達

タレントやモデル事務所の関係者

普段カメラマンと一緒に仕事をするヘアメイク・スタイリスト

などなど

 

これらの人達が、あなたの写真を気に入ってくれたら

雑誌・カレンダー・写真集・CDジャケット・広告などの撮影依頼が来ます。

 

また、出版社に営業活動をするのと同時に

 

インスタなどのSNSで、あなたの写真をどんどん発信すれば

 

この業界の人に目に止まり、撮影依頼が来ます。

 

ただし、インスタの場合

人物、風景、食べ物、動物、街のスナップなど

色んな写真がアップされてると

「この人、いったい何が得意なんだろう?」と

あなたというカメラマンの個性が伝わらないので

 

もし、色んな写真を掲載したいのでしたら

 

同じテイストに見えるようにすることをオススメします。

 

インスタを見たクライアントさんが

あなたの写真や写真のテイストを気に入ってくれたら

間違いなく撮影依頼がきます。

 

写真がバラバラでテイストもバラバラだと

一瞬でスルーされる可能性が高くなります(笑)

 

インスタでの発信は

クライアントさんからあなたに接触してきますけど

 

出版社への売り込みは

あなたが営業(売り込み)しなければダメです。

 

営業方法はざっくりわけて3つあります。

1−編集部に直接電話する

2−あなたが「この雑誌の仕事をしたい」と思ってる雑誌の、フェイスブック・インスタ・ツイッターなどから「作品を見て下さい」とメッセージをする。

3−知り合いを探して、その人に紹介してもらう

 

それぞれの詳しい方法は、長くなるので省きます。

どうしてもという人は、マンツーマンセッションがありますので、それも参考に!

よく「独学だから」とか「歳だから」という理由で

自分の売り込みをすることを諦めている人がいますけど

 

クライアントさんは

「独学だからダメ」とか

「高校生だから若すぎる」とか

「歳だからダメ」

なんてことは気にしません

 

クライアントさんが求めてるのは、あなたの年齢や経歴ではなく

「このカメラマンと仕事をしたい」と感じる感性なのです。

 

長々と書きましたけど

今のあなたの想いが、未来のあなたを創っているのです!!


真っ赤なチューリップを真上から撮った写真です。




このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 

あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの2つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・クリップオンストロボ・ライティングDVD5

 

★プロカメラマンの「営業方法を知りたい!」という人は

 

・仕事に繋がる効果的な営業方法 DVD6
がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、プロが絶対に教えたくない営業ノウハウのすべてを

独学のあなたでもできるように、具体的に教えています。

★自分にあった「写真で食べていく方法を知りたい!」

という人のために

マンツーマンセッションをやっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから

クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください