困った時は壁を使う。

By | 2019年1月29日

スタジオではなくて狭い会議室での撮影でした。

 

会議室が狭かったので、2人にそのまま壁にもたれてもらいました。

壁が白だったので、背景は壁の白をそのまま使いました。

自分の後ろにもたれる壁があると

モデルさんは自然なポージングがしやすくなるのでオススメです。

 

困った時は壁です(笑)

 

2人とも僕の「秘伝の声掛けDVD3(笑)」に速やかに答えてくれて、とても和んだ空気感の写真が撮れました。

 

2人がカッコいいので、本当は黒い背景でカッコいい写真を撮りたかったのですが(笑)

 

クライアントさんから「明るい笑顔の写真を撮ってほしい」という要望がありましたので、

「黒バックでカッコいい写真を撮りたい!という気持ちをぐっと押させて(笑)

 

明るい空気感の出ている写真を撮りました。

でも、2人がカッコいいので

白バックで光が回ったライティングなんだけど、やっぱりカッコいいです!

結論、カッコいい人は

どう撮ってもカッコいい!

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。


 

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

撮る人を笑顔にする声掛け+男性をかっこよく撮るライテイング DVD2

・クリップオンストロボ・ライティングDVD5

★写真で食べていきたいあなたを、写真で稼げるカメラマンにする
マンツーマン・ワークショップも
やっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください