知らない分野の撮影方法

By | 2019年3月7日

僕はクラッシックの世界はまったく知らないので

逆に撮る人が世界的に有名な人でもプレッシャーがないのです。

 

 

上原さんもチャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門にて日本人として初めて、かつ女性として世界で初めての優勝を果たし、クラシック音楽界のみならず各方面で話題を呼んだ方なのですが

 

 

僕の頭の中は

 

「ピアノ全体と一緒の写真か〜ピアノなんて今まで撮ったことがない」

「どう撮ればピアノも本人もよく撮れるんだろう?」

それしかなかったのです。

 

 

今はネットでもいろんな写真を見ることができるので便利ですけど

 

 

当時は、ネットで調べることができなかったので

 

 

僕がやったことは

 

大きなレコード店に行って

 

ピアノと一緒アーティストが写ってるCDを見ることでした。

 

 

その時に

 

「クラッシックのCD見てそれを参考にしたら、クラッシック業界の人にバレるな!」と

 

思ったので(笑)

クラッシックのCDを参考にするのはやめて

 

僕が大好きなJAZZのCDジャケットを見まくりました。

 

そのおかげで、いろんなインスピレーションが湧いてきて

 

「JAZZテイストをクラッシック風にアレンジする」アイデアが浮かんだのです。

 

 

だから、撮ってる人はクラッシックが好きな人達には申し訳ないのですけど

 

撮影中僕の頭の中では、JAZZが流れていたのです(笑)

 

 

CDが完成した時に、担当者にこの話をしたら

 

「やっぱりね!」と笑われました。

 

僕の知らない分野の撮影法は

 

無理にその分野に合わせるのではなくて

 

「自分が好きな分野を参考にする!」でした。

 

それがあなたの個性になります。

 

 

 

それでは、明日も1日

うカメラマンには来たる」で過ごしましょう!!

 

 

 

 

このブログへのコメント&質問などは、記事のタイトルをクリックし、記事の下のコメント欄よりご記入ください。

このブログの読者になりたい人は下記から登録してください。

[subscribe2]

読者になると、このブログの更新情報が届きます。
・いつでも、ワンクリックで解除可能です。
・メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを厳守させて頂きますのでご安心ください。

 




あなたは、プロが撮った写真を見て
「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

★DVDは5種類あります。
 ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

その中でも特に人気のあるのはこの3つです。

・スタジオライティング実践編 DVD1

・実践ですぐ使える!効果的な「声掛け」DVD3

・クリップオンストロボ・ライティング DVD5

★写真で食べていきたいあなたを、写真で稼げるカメラマンにする
マンツーマン・ワークショップも
やっています。
 ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

宅間國博のHPは→こちらから

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください